きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2015.2.3

想像を超える物語

ようこそいらっしゃいませ。

先週日曜、東京競馬場では3歳500万条件のセントポーリア賞が行われました。
このレースには注目を集めるドゥラメンテが出走。単勝1.7倍の支持を集めてのレースとなりました。

レースではスタート直後、わずかに出遅れるもすぐに馬群にとりつき6番手を追走。直線残り200mを通過した時点で独走態勢に入り、最後はディープインパクト産駒のウェルブレッドを5馬身ちぎっての圧勝でした。レベルが違うというか、ただただ凄いとしか言いようがないほどの文句なしの強さでした。

ドゥラメンテは父キングカメハメハ×母父サンデーサイレンス、母アドマイヤグルーヴの血統です。
母アドマイヤグルーヴはエアグルーヴの娘で2004年のエリザベス女王杯馬になります。

アドマイヤグルーヴは繁殖入りするも、2012年に若くして他界。
生前、世に残した遺した産駒は5頭で、ドゥラメンテが最後の忘れ形見となりました。

初仔のアドマイヤテンバに、アドマイヤセプター、アドマイヤトライ、ボージェストと仔を残したアドマイヤグルーヴが、この世を去る最後に新たなスター候補を残しました。
次走は共同通信杯が視野に入れられているようです。
想像を超える物語が始まっているような感じさえします。