きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2013.7.21

ようこそいらっしゃいませ。

土曜中京競馬場で行われた2歳新馬戦で、フェルメッツァが直線で末脚を伸ばしてデビュー戦を飾りました。フェルメッツァはディープインパクト産駒で、半兄には昨年の中京記念を勝ったフラガラッハ、半姉にクイーンカップ3着のイリュミナンスがいる血統です。

同じ日に函館競馬場で行われた2歳新馬戦でもディープインパクト産駒のサトノフェラーリが完勝。こちらは2番手追走から最後は2馬身半突き放す横綱相撲での勝利でした。父ディープインパクト×母父デインヒルの血統で、今年のオークスでメイショウマンボの2着に入ったエバーブロッサムと同じ配合になります。

それにしても今年は2歳の早くからディープインパクト産駒の活躍が目立ちます。昨年のこの時期はまだ2頭の新馬勝ちで、8月に入ってから徐々にその数を伸ばしはじめたものの、重賞ウィナーを出すには手こずりました。それでも今年の桜花賞(アユサン)、ダービー(キズナ)とクラシックを制覇するのですから、その能力には恐れ入ります。

今年は、オーシャンエイプスの半弟のリターンラルクや、ベガの血を持つハープスター、サンデーサイレンス系×Danzigで評判の高いエルノルテなどを含め、すでに5頭が新馬戦を勝ち上がっています。

勢いは加速し、この世代もディープインパクト産駒がクラシックを賑わせそうです。