きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2013.10.18

ようこそいらっしゃいませ。

今週は牡馬クラシックの最終戦、菊花賞が行われます。この最終戦はどの馬にとっても経験のない長丁場となる3000m。最も強い馬が勝つと言われ、3000mの長い道のりを集中力を切らさず走り切る強い精神力と豊富なスタミナが必要なため、春シーズンに出世できなかったステイヤータイプの馬が頭角を現すレースとして知られていますね。

今年は皐月賞馬ロゴタイプ、ダービー馬キズナと春のクラシックホース2頭が不在の最終戦。残る一冠をめぐる戦いは熾烈を極めそうですね。

主役不在の中、最も注目を集めるがトライアルの神戸新聞杯を圧倒的なパフォーマンスで快勝したエピファネイア。皐月賞・日本ダービーいずれも2着の惜敗を喫し、今回クラシック最後の一冠にかける想いは強いでしょうね。一方、もう一つのトライアルであるセントライト記念を制したユールシンギングも注目ですね。母系の父をたどるとスペシャルウィークやトニービン、リアルシャダイと距離が延びることで真価を発揮する種牡馬の名が見られます。ゴール前のハナ差を制した勝負根性は、本番でも発揮されるか楽しみですね。他にも実績のあるディープインパクト産駒のサトノノブレスや伯父に菊花賞や有馬記念を制した生粋のステイヤーであるマンハッタンカフェを持つダービーフィズなどもいます。

3000mという未知の領域にひと夏を越し、一段と逞しくなった若駒たちがどう挑むのか。そして、菊花賞を制し、今後のG1戦線にその名を刻むのは一体どの競走馬か。この最終戦は見逃せませんね。