きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2011.8.8

ようこそいらっしゃいませ。

今年最初の2歳重賞・函館2歳Sはアドマイヤムーン産駒のファインチョイスが好位からアッサリ抜け出して快勝しました。おめでとうございます。

アドマイヤムーンは今年から産駒を送り出しはじめたダーレージャパン期待の新種牡馬です。ここまで3頭が勝ち上がりファインチョイスの勝利で4勝目、まずは順調な滑り出しと言っていいのでしょうね。ミスタープロスペクターからフォーティナイナー、そしてエンドスイープへと繋がれた貴重な血脈です。

その父エンドスイープは短い種牡馬生活の間にスイープトウショウ、ラインクラフトなどを出し、日本のミスプロ系としては大成功を収めています。ムーン以外の活躍馬はみんな牝馬というのが面白いですね。

そういえばムーンの母系も牝馬に活躍が集中していて、ヒシアマゾン、ヒシピナクル、スリープレスナイトなどムーン以外はみんな牝馬という女系ファミリーです。ファインチョイスには心強い血統背景と言えるかもしれません。

アドマイヤムーン自身そうだったように、エンドスイープの子は芝で好実績を残しているのですが、ミスプロ系であればダートが悪いはずもないでしょう。母父タイキシャトルは言わずと知れたダートの鬼でした。ファインチョイスにとっては将来の選択肢が広がりそうです。楽しみな1頭が出てきてくれましたね。