きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2017.4.22

波乱の立役者

4月22日は太宰啓介騎手の誕生日です。誕生日おめでとうございます!
ようこそいらっしゃいませ。

先週土曜中山競馬場で行われた中山グランドジャンプを優勝したオジュウチョウサンの手術が無事成功した模様です。オジュウチョウサンは昨年の中山グランドジャンプを優勝し、その後無傷で暮れの中山大障害も制覇。春秋ジャンプG1連覇を決め、今年春の中山グランドジャンプでも2着サンレイデュークに3馬身半差、そこから3着以下は8馬身差がつく圧勝でJ・G1 3連覇を達成していました。レース後に右第1指骨剥離骨折が判明。手術を行い無事成功し、全治6ヶ月の診断となりました。暮れの中山大障害へ向けてリハビリ調整を進めていくとのことです。障害王者に降りかかった復活劇へのドラマは、見事無傷の4連覇という形で刻まれていくでしょうか。何よりも再びターフで走りが見れることを楽しみにしたいと思います。

今週から舞台は東京、京都へと移し、福島競馬場と合わせて春競馬は新たなステージへと展開していきます。今週はG1はお休み。福島牝馬ステークス、フローラステークス、マイラーズカップの3つの重賞が組まれています。
土曜福島競馬場のメインは福島牝馬ステークスです。2004年に新設されたレースで、すっかりと春の福島開催に定着しました。ヴィクトリアマイルへ向けての前哨戦です。昨年は15番人気のマコトブリジャールが2番手追走からゴール前抜け出して優勝。3着に13番人気のオツウが逃げ残り波乱の結果となりました。それでも3連単は73万馬券。二桁人気馬が

今年もフルゲート16頭が出走。春の女王決定戦ヘ、波乱の立役者は登場するのでしょうか。