きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2015.8.17

兄弟で駆け抜けた新潟マイル

ようこそいらっしゃいませ。

日曜、新潟競馬場では関屋記念が行われました。今年で50回を数える新潟マイルの重賞レースで、サマーマイルシリーズの第2戦になります。
事前のオッズでは、5歳牝馬のカフェブリリアントが4.1倍で1番人気に支持され、ついで今年4月にマイラーズカップを勝っているレッドアリオンが4.2倍で2番人気、昨年の同レース3着馬サトノギャラントが5.8倍で3番人気、前走中京記念を勝ったスマートオリオンが5.9倍で4番人気、昨年の京都金杯覇者エキストラエンドが6.5倍で5番人気と、ここまでが10倍を切るオッズで上位人気を形成してのレースとなりました。

レースはスタートやや後手に回ったレッドアリオンがすぐに前にとりついて先頭へ。逃げようとするスマートオリオンを捉えて前に立ち、並ぶようにしてすぐ横にスマートオリオンが追走。最初の600mを通過したあたりでレッドアリオンがスマートオリオンを振りきって馬群を離し、単独先頭に立って最後の直線となりました。
ここで驚かされたのがレッドアリオンの粘り腰でした。
残り400mでスマートオリオンやヤングマンパワーにいったん並びかけられたレッドアリオンでしたが、残り200mを切ったところで再加速。最後はスマートオリオン、ヤングマンパワーを振り切り、後方から迫ってきたマジェスティハーツにも追いつかれることなく逃げ切り、混戦はレッドアリオンが制した結果となりました。

レッドアリオンは父アグネスタキオン、母エリモピクシーの血統です。半兄のクラレントは昨年同レースを制覇してますから、兄弟制覇となりました。
半兄のクラレントは昨年関屋記念を優勝後、サマーマイルシリーズ最終戦の京成杯オータムハンデに出走。ポイント闘いで拮抗するサダムパテックとのレースを制覇して、2014年のサマーマイルシリーズのチャンピオンに輝いています。半弟のレッドアリオンは、現在スマートオリオンの11ポイントと並んで今年のサマーマイルシリーズのトップに立っています。サマーマイルシリーズ兄弟制覇となるでしょうか。最終戦の京成杯オータムハンデに期待が高まります。