きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2012.3.13

ようこそいらっしゃいませ。

きょう、22時よりNHK総合テレビで『大地のファンファーレ』が放送されます。「ばんえい競馬」が舞台で、営業マンから転身した新人騎手が成長する姿を描かれています。ドラマの登場人物は実在の人物がモデルになり、先月BSで放送され話題になったドラマです。

ばんえい競馬の「ばんえい」は、輓馬(ひきうま)で曳くことから輓曳(ばんえい)が由来のようです。北海道開拓期に余興や催事として馬の力比べが行われソリを引く方法は明治時代の終わりごろに始まったようです。この競走馬がそりを曳きながら力と速さを争う競馬は世界で唯一、わが国 北海道でのみ行われている形態です。

公営競技として旭川、岩見沢、北見でも運営していたばんえい競馬は、いまでは北海道帯広市が主催するのみになり一昨年当協会では十勝ばんえい競馬の取り組みを視察しました。

業務の一部を民間へ委託、スポンサー競走の実施、ファンサービスの面でも道内外の観光客のため競馬場隣接地に十勝名産品をそろえた『とかちむら』をオープンさせただけでなく、500円以上買いものされた来場者には競馬観戦の特典が与えられるなど中央競馬も見習うべき事が多数あると感じさせられました。

ドラマは前・後編で放送。またドラマ放送後には5分間のミニ番組「北海道 ばん馬 百年の物語」も放送されるようです。ドラマだけでなく、ミニ番組にも期待したいですね。