きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2012.3.12

ようこそいらっしゃいませ。

関東馬の勢いは止まりません。先週土日に行われた桜花賞トライアルではいずれも関東馬が優勝。チューリップ賞のハナズゴール、アネモネSのパララサルーそしてフィリーズレビューのアイムユアーズと桜花賞トライアルはすべて関東馬の勝利となりました。桜花賞トライアルを関東馬が全勝するのは、これまでの歴史上で初めてのことになります。

パララサルーの馬主はG1レーシング、アイムユアーズの馬主はユアストーリー、いずれも当協会の会員さんです。おめでとうございます。桜花賞でもぜひ関東馬の勢いを見せてください。

昨日の11日は、東日本大震災からちょうど1年を迎えました。中山競馬場では第9レース後、コース上に馬主、調教師、騎手、競馬関係者などが並び1分間の黙祷を行い犠牲者へ哀悼の意を捧げました。

また3月10日(土)、11日(日)の2日間にわたり、中山競馬場ナッキーモールで開催された復興支援イベントの『ハッツオフプロジェクト』も大盛況だったようです。詳しくは、TOPページのHot News Headlines をご覧ください。