きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2012.3.14

ようこそいらっしゃいませ。

国内最終追い切りを終えたトランセンドが関西国際空港からドバイへ向けて出発します。栗東ではスピード感あふれる動きを披露したようですから、ドバイワールドカップへ向けて順調に進んでいるようですね。

国内のダート戦線では、きょう、船橋競馬場で交流競走ダイオライト記念が行われます。主役はフリオーソ、ワンダーアキュート、ランフォルセでしょうか。

フリオーソは、同レース3度目の制覇へ挑みます。軽度の屈腱炎で長期休み明けとなったフリオーソは、前走川崎記念では衰えを感じさせない走りを見せました。

ワンダーアキュートも苦手だった輸送にも慣れフェブラリーSと東京大賞典ではあと一歩のレースを見せました。ひさしく重賞タイトルから遠ざかっているので、今回はきっちりと勝っておきたいところですね。

そのワンダーアキュートがレコードで駆け抜けた東海ステークスで3/4差まで逃げ粘ったのがランフォルセで、マリーンSではテスタマッタを差し切り、前走ではフリオーソに4馬身差をつけました。ワンダーアキュートとは東海S以来の顔合わせですからどれだけ力をつけたか楽しみなレースになりそうです。

フリオーソの半弟トーセンルーチェもレースに出走しますから兄弟対決にも注目したいですね。フリオーソは、ぜひ兄の貫禄を見せてください。