きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2012.3.25

ようこそいらっしゃいませ。

来週の今頃はドバイワールドCの結果が明らかになります。現地では馬券発売がなくイギリスなどヨーロッパのブックメーカーに頼るしかないのですが、日本馬3頭の評価はいずれも上々なようです。

1番人気に推されそうなのがソーユーシンクです。2000mは10戦8勝2着1回と無類の巧者です。うちG1が7勝ですから筋金入りと言っていいでしょう。ただ1度の着外(6着)がダートのBCクラシックでオールウェザー適性がどうかの問題だけしょうか。まぁ、昨年はハードな強行軍で疲れもあったのでしょう。

スマートファルコンがソーユーシンクを追っています。コーナー毎に後続を突き離していく彼の走法はコーナーのキツいメイダンのコースにはぴったりのはず。先手を取れば大楽勝のシーンがあるかも。

昨年の半馬身差2着のトランセンドが案外な低評価ですが、前走のフェブラリーSを大敗したのが響いている?昨年のように勝って行くのと7着では大違いなのでしょう。でも、鞍上の藤田伸二騎手はG1の7戦を含めて、この馬で10戦5勝2着4回、良さを知り尽くしています。むざむざとは回ってこないでしょう。

エイシンフラッシュは参戦決定が遅かった割には高評価。オーナーの平井豊光さん、藤原英昭調教師の執念が実った?最後まで諦めずに、ここ目標に調教を積んできました。例年のようにスローの瞬発力勝負になれば、ダービーで見せた背筋が凍るような鬼脚が蘇るはずです。では、ソーユーシンク以外の外国馬は?そのあたりは明日お届けすることにします。