きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2017.8.26

続々とデビューする楽しみな2歳新馬

8月26日は奥村 豊調教師の誕生日です。誕生日おめでとうございます!
ようこそいらっしゃいませ。

夏競馬も今週を含めて残り2週。いよいよ佳境に入ってきました。2歳新馬も続々とデビュー。今週は日曜新潟競馬場で新潟2歳ステークスが行われるなど、次世代を担う若駒に注目が集まります。

先週はGI6勝モーリスの全弟ルーカスが札幌の2歳新馬戦で鮮烈なデビューを果たしました。ルーカスは父スクリーンヒーロー、母父カーネギー、母メジロフランシスで、大外枠スタートから道中は後方追走し、向こう正面で早めに前に進出、最後の直線では上がり34秒4の末脚でレースをまとめての勝利でした。鞍上の“マジックマン”モレイラ騎手も能力の高さを絶賛。今後の可能性に期待が広がる走りでした。
2着リシュブールはエアグルーヴの孫リシュブール、3着マイスターシャーレはディープインパクトに母は重賞3勝のレッドスパーダの半妹ウィステリアアーチ、4着マイハートビートはサトノラーゼン、サトノクロニクルの半弟、5着ゴーフォザサミットもG1でも活躍したショウナンマイティの半弟と相手もまた豪華で、伝説の新馬戦といずれ呼ばれるのであろうレースとなりました。

今年の2歳世代は、オルフェーヴルにロードカナロアを始めとした新種牡馬にも話題が集まり、来年のクラシックがどう展開していくのか非常に楽しみです。今週はオークス馬シルクプリマドンナの血を引くラストプリマドンナが土曜新潟5レースでデビュー。このレースにはフランケル産駒のシグナライズもエントリーしています。来年の牝馬路線へとつながる走りをぜひ魅せてください。