きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2016.11.21

マイル王、再び

ようこそいらっしゃいませ。

日曜京都競馬場で行われた秋のマイル王決定戦・マイルチャンピオンシップは、3番人気のミッキーアイルがスタートからペースを握ってそのまま逃げ切り2年半ぶりのG1タイトルを手にしました。今年のマイルチャンピオンシップは、モーリスに安田記念馬のロゴタイプが中距離戦線へと向かったことでレース前から大混戦。最終的には前哨戦のスワンステークスを勝ったサトノアラジンが1番人気に支持され、以下イスラボニータ、ミッキーアイル、ヤングマンパワー、フィエロとつづいていったものの、どの馬にも勝利のチャンスがありそうな雰囲気を漂わせてのレーススタートでした。
最後の直線で斜行のひと悶着がなければ上位はさらに際どい決着だったのでしょうが、勝利を手にしたミッキーアイル、2着イスラボニータ、3着はモーリスを札幌記念で破っているネオリアリズム、4着には2年前のマイルチャンピオンシップ馬ダノンシャーク、5着サトノアラジンの結果でした。

勝ったミッキーアイルはスプリントG1連続2着で、昨年今年とスプリント路線を中心に歩んでいたことでスプリンターのイメージが強くなっていました。されど2歳時には京都のマイル未勝利戦で1分32秒3の破格のレコードタイムを記録し、以降マイルを走りすべて逃げ切りV。NHKマイルカップを優勝し、3歳時にはマイル路線の次世代を担う馬として期待されていました。秋のマイルチャンピオンシップに4歳春の安田記念と結果がついてこずスプリント路線を中心に走るも、久々のマイルで見事結果を残しました。
スプリントとマイルの二刀流で活躍した馬といえば、2000年代ではデュランダルを思い出します。デュランダルは道中最後方のデュランダルポジションから、直線鉈のような切れ味でファンを魅了した馬でした。ミッキーアイルはその逆。逃げて逃げて逃げまくり、我についてくるものよ覚悟せよといった程のスピードとスタミナを兼ね備えた走りでファンを魅了していってくれることを願います。