きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2016.11.20

マイル大激戦

ようこそいらっしゃいませ。

日曜京都競馬場でマイルチャンピオンシップが行われますが、今年は大激戦。どの馬にもチャンスがありそうな絶対本命不在の秋のマイル王決定戦となっています。
前日オッズではスワンステークスを完勝したサトノアラジンが1番人気で単勝3.9倍、2番人気が前走富士ステークス2着のイスラボニータで単勝5.8倍、3番人気がその富士ステークスを勝って重賞2連勝で挑むヤングマンパワーで単勝7.0倍、4番人気が春・秋スプリントG1連続2着のミッキーアイルで単勝7.2倍、以下ロードクエスト単勝11.1倍、ネオリアリズムが単勝11.8倍、マジックタイムが単勝12.3倍、フィエロが単勝13.3倍とつづきます。

今年のマイルチャンピオンシップはモーリスに春に安田記念を勝ったロゴタイプも天皇賞(秋)から香港へと向かうことで、本命馬不在の切り口豊富なレースとなりました。
2014年皐月賞馬のイスラボニータにすれば、昨年マイル王を期待されて1番人気に支持されながらも3着に終わった雪辱を背負ってのレースですし、ミッキーアイルにとっても3歳時に5連勝でマイルG1を手にし同年の2014年のマイルチャンピオンシップで1番人気に支持されたあのときの期待に再び応えるためにも結果を残したいレースですし、強い3歳世代の代表として新マイル王を期待されるロードクエストにとっても前走の鬱憤を晴らしたいでしょうし、マイルチャンピオンシップ2年連続2着の実績を持つフィエロにとっても悲願のマイルG1制覇へ3度目のマイルチャンピオンシップ挑戦になりますし、重賞連勝中のヤングマンパワーにとっても新マイル王で存在感を示す絶好の舞台となっています。

まさに今年のマイルチャンピオンシップはマイル大激戦。京都マイルの歴史に刻まれる新マイル王の名はどの馬となるのでしょうか。