きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2014.8.8

ようこそいらっしゃいませ。

今週は小倉・新潟でそれぞれ重賞が予定されていますが、今回クローズアップするのは、サマー2000シリーズ第3戦となる小倉記念です。小倉記念は、全5戦あるサマー2000シリーズ折り返し地点。初戦の七夕賞から乗り込んでくる実力馬も多く、今年も層の厚い中距離路線での白熱した戦いが見られそうです。

小倉記念は小倉競馬場で行われる重賞競走の中で最も歴史が古く、夏の競馬場を彩る一大レースとなっています。過去の優勝馬には、初の連覇を達成したメイショウカイドウや同シリーズチャンピオンとなったイタリアンレッド、後に春秋グランプリを制するドリームジャーニーらがいます。

今年も有力馬がエントリーする中、やはり注目は昨年の優勝馬メイショウナルトでしょうか。昨年の小倉記念をレコードタイムで制してから早一年。その間の秋から春競馬では調子を落としていましたが、前走の七夕賞で見事復活をとげ、史上2頭目の連覇に臨みます。管理する武田調教師曰く「暑さに強い」と言う様に、7・8月の競走成績は7戦6連対〔4・2・0・1〕とデータ上でもその強さが証明されていますね。

他にも七夕賞で10番人気の低評価を覆して2着に入ったニューダイナスティも休み明けを叩いての今回は、十分リベンジの可能性がありそうです。さらに、七夕賞組から4着だったダコールも参戦予定。良馬場のベストコンディションなら、持てる力を存分に発揮できるでしょう。対するのは、ディープインパクト産駒のサトノノブレス、ラストインパクト、マーティンボロらでしょう。有利と目されている七夕賞組に中距離を主戦場とする実力馬たちがどうレースを展開していくのか楽しみですね。