きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2010.12.6

ようこそいらっしゃいませ。

12月22日にホテルニューオータニで開催する『有馬記念プレミアムレセプション』ですが、さっそくたくさんの皆様のご応募をいただいています。ありがとうございます。

当日は出走予定馬の調教師、騎手の皆さん、オーナーや生産者など関係者の方々はもちろん、ファンの皆さんにもご参加いただき、日本の師走の風物詩を熱く盛り上げたいと考えています。

海外のブリーダーズC、ドバイワールドCなどでは必ず趣向を凝らしたレセプションが行われています。世界中のホースマンが国境の垣根を越えて親睦を深め、競馬の興隆と発展に貢献することを誓い合う場です。ホースマンが自分のアイデンティティを確かめる場でもあります。

国民の認知度とか浸透度とかでは我が国を代表するレースである有馬記念に今までこうした催しがなかったのが不思議です。

内容はお国柄それぞれで違うのですが、日本競馬は多くのファンの方々の参加で成り立っています。ですから、関係者だけの“閉じられたレセプション”ではなく、広く“開かれたレセプション”にしたいと考えています。

ご意見、ご要望などがございましたら、ぜひお寄せください。皆さんとご一緒に楽しいレセプションを創り上げていきたい、そんな気持ちでいっぱいです。