きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2016.2.21

中央競馬、今年最初のG1

ようこそいらっしゃいませ。

日曜は東京競馬場で中央競馬今年最初のG1レース、フェブラリーステークスが行われます。ダート界を牽引する実力馬が集結。16頭が揃いました。

土曜発売の前日オッズでは、1番人気はノンコノユメで単勝2.7倍、2番人気がノンコノユメと同世代のモーニンで単勝5.3倍、3番人気がコパノリッキーで5.7倍、以下ベストウォーリアが8.5倍、ホワイトフーガが8.9倍、ロワジャルダンが13.9倍、アスカノロマンが15.3倍とつづきました。ノンコノユメのG1制覇に期待が集まるオッズとなっているようです。

そのノンコノユメですが、昨年大井競馬場で3歳ダート頂点に立ち、武蔵野ステークスをも強烈な末脚で勝ちながらも、ユニコーンステークスではUAEダービー帰りのゴールデンバローズについで2番人気でしたし、ジャパンダートダービーでも兵庫チャンピオンシップ馬クロスクリーガーにつぐ2番人気、武蔵野ステークスでも連勝中だったモーニンに1番人気を譲り、チャンピオンズカップではコパノリッキー、ホッコータルマエと人気を競りながらも最終的には3番人気でのレースでした。

単勝オッズの人気がすべてではないのですが競走馬への人気や思い入れの指標とも考えると、年を越してノンコノユメへの声援、さらにはその先へ続くドバイ挑戦への期待がより高まったのだと思います。とはいえ、昨年史上初のフェブラリーステークス連覇を達成したコパノリッキーにはこれも史上初となる同レースG1三連覇がかかりますし、昨年の牡馬を蹴散らしたサンビスタを5馬身ちぎった4歳牝馬のホワイトフーガも光放ちますし、アスカノロマンにしろモーニンにしろ前哨戦を強いレースで勝ってきた馬です。
様々な想いが激しく激突しあう、初春近し砂舞台の攻防となりそうです。