きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2016.11.1

超難解、海外馬券第2弾

ようこそいらっしゃいませ。

今週は凱旋門賞で予想以上の売上を記録した海外馬券の第2弾、第3弾の発売が行われます。
海外馬券第2弾は11月1日(火)オーストラリア・フレミントン競馬場で行われるメルボルンカップ、第3弾は11月5日(土)(現地時間の6日)にアメリカ・サンタアニタパーク競馬場で行われるブリーダーズカップフィリー&メアターフです。メルボルンカップには天皇賞(春)2着のカレンミロティック、ブリーダーズカップフィリー&メアターフにはヌーヴォレコルトが参戦します。

まずは本日11月1日にカレンミロティックが参戦するメルボルンカップが行われますが、こちらは超難解。ただでさえ馬名に馴染みの薄い海外馬にカレンミロティックと合わせて24頭の出走馬となった上に、3200mの長距離、かつハンデキャップで行われどの切り口で予想をするのか非常に頭を悩ませます。昨年はフェイムゲームにホッコーブレーヴが参戦。いずれも二桁着順に終わりましたが、今年カレンミロティックはどうでしょうか。

馬券の方は凱旋門賞同様インターネット投票のみとなり、平日のため即PAT会員のみが対象となります。発売は11月1日(火)7時からで、発送予定時刻13:00(現地時間15:00)4分前までです。平日のレースですから凱旋門賞のときと同じような売上とはいかないでしょうが、それでも平日の海外馬券の売上状況などは今後のモデルケースにもなることでしょう。JRA 海外競馬サイトで各馬のデータや前哨戦の様子、ブックメーカーオッズなどを紹介していますから、ぜひ参考にレースの予想を楽しんでみてください。