きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2017.8.21

北の頂上決戦、驚きの結末

8月21日は浜田多実雄調教師の誕生日です。誕生日おめでとうございます!
ようこそいらっしゃいませ。

日曜札幌競馬場では札幌記念が行われました。1番人気ヤマカツエース 2.7倍、2番人気エアスピネル 3.9倍、3番人気マウントロブソン 4.3倍、4番人気がサウンズオブアース 8.0倍、5番人気ロードヴァンドール 15.4倍で上位人気を形成して行われたレースは、まさかの波乱。直線一番外から強襲した6番人気のサクラアンプルールが上位人気馬をまとめて差し切り優勝、2着には同じく直線外に進路をとった12番人気のナリタハリケーンが入り、3着にヤマカツエース、4着サウンズオブアース、5着エアスピネルの結果となりました。

勝利したサクラアンプルールは、今年2月の中山記念で2着の成績こそあれど、大阪杯13着、前走函館記念9着でしたから人気馬をまとめて交わしていった走りには驚かされました。父キングカメハメハ、母父サンデーサイレンス、母はサクラメガで、母サクラメガは初仔でサクラメガワンダーを産んでいます。サクラメガワンダーは4つの重賞タイトルに宝塚記念2着などG1戦線でも活躍した馬でした。半弟のサクラアンプルールが、6歳になって才能開花。まさかの結果でした。

2着には12番人気のナリタハリケーンが入りました。ナリタハリケーンの追撃にもただただ驚きでした。今年8歳でこの夏に5年ぶりに芝路線復帰。巴賞3着、函館記念7着とつづいて今回の2着へとつなげました。
結局終わってみれば6番人気、12番人気、1番人気の着順で3連単は20万1410円の払戻。波乱の割にはそれほど荒れず? レースだけでなく配当の結果にも驚かされた今年の札幌記念となりました。