第6回
GIII ファンタジーステークス優勝
リバーラ
荒井泰樹さん

初重賞勝利おめでとうございます!

ファンタジーステークス本当におめでとうございました!率直なお気持ちをお聞かせ下さい。

本当に嬉しいですよね!まさか勝てるとは思わなかったので、人気も10番人気くらいだったので…ただ前に行ければスピードがあると思っていました。石橋ジョッキーが逃げたので少しびっくりしたのですが、3ハロンのタイムが35秒弱くらいだったので、これはもしかしたらもしかしたら、と思っていたらスルスルって行ってしまったので、最後は本当にびっくりしました!

石橋ジョッキーも「ゲート出てかなりスタートが良くなってたから、すぐに逃げる事を決めた。」とお話しされていましたね。

やはりスタートの能力が高く、速いですよね。毎回毎回良くなっていってます。
後は、脩くんが阪神まで行ってくれたのが嬉しかったですね!!
本当は関東で騎乗予定があったはずなのに、わざわざ阪神に行ってくれたので。すごく有り難かったです。

レース当日リバーラの様子はいかがでしたか?

リバーラより僕の方が落ち着いていなかったですね!
リバーラはいつもと変わらずで、高柳先生も少し太いかなというのは仰っていたのですが、輸送してプラス14キロぐらいだったので、3、4キロ減っても大丈夫ではないかと。仕上がりも良いということだったので、期待しておりました。

デビューから3戦目で重賞制覇です!

信じられないです!周りの方からも図々しいと…笑。
ゴール前は、今回はもちろん覚えていて、未勝利の時よりは比較的冷静で、残り100mぐらいの時には勝ったと思いましたよね!差があったので。

重賞挑戦というのが「夢を持って」ということで前回お話し頂きまして、それで見事掴まれた勝利ということで改めてどの様な想いでしょうか?

そうですね!やはり僕は所有する頭数が、二歳が二頭と一歳が一頭なので、そういうチャンスがやっぱり今はなかなか来ないと思うので、これからもチャンスがあれば挑戦していきたいですね。
一緒に所有されている河合さんも全部決めていいよ!と委ねてくれたのですが、行くならやはり大きい所に行こうと!怪我などして、出走させたくても出来ない方も沢山いらっしゃるので、出られる時に行こう!と言ってもらえたので、重賞に挑戦しようという後押しになりました。

勝利した際には河合オーナーと盛り上がられたのではないでしょうか?

河合さんと喜びを分かち合って、でもお互いびっくりしてしまい、わー!って叫びましたね。
表彰式なども初めて参加したので、驚きと共に喜びにも浸ることが出来ました。

ご家族のご反応はどうでしたか?

今はみんな応援してくれています。
本当に周りの方からの反応も凄いですね!重賞勝つと凄いんだなぁと。
その日と次の日ぐらいは暫く会えていなかった友人などから電話やメールを頂いたりしましたね。リバーラに感謝ですね…。
河合さんや家族と祝賞会もしました。

また恩返しをしてくれたリバーラ号にどんな言葉をかけたいですか?

まずはお疲れ様というのと馬主になってまだ一年、リバーラがデビューして一年も経っていない中、こんな景色を見せてくれて本当に感謝しかないですね。それしかないと思います。

前回インタビューさせていただいた時は「無事」にという言葉がとても印象に残ったのですが、この後はどんなプランを考えていらっしゃいますか?

GIIIに出走した際に軽い怪我をしてしまい、少し休養してまた来年、フィリーズレビューの出走を考えています。ファンタジーSで勝った同じコースでもう一度行ってみて、また桜花賞にトライするのか距離を考慮して短いところに行くのか、先生と相談しながらやっていきたいと思います。

改めて「無事にいてくれること」というのが一番の願いでしょうか?

このまま成長してもらって、無事に走ってくれることが何よりも一番の願いですね。無事に出走してくれる事が一番です。
初勝利のインタビューからこんなに早く初重賞勝利のインタビューを受ける日が来るだなんて…!嬉しいですね!
本当にどうもありがとうございました。

追記

リバーラ号との夢の重賞制覇!本当におめでとうございました!
私も荒井オーナーにまたインタビュー出来たらという思いで前回の原稿を書かせて頂きファンタジーSを観戦していたので、思わず声が出てしまうほど嬉しい勝利でした。
頂いた記念のクオカード、大切に飾らせて頂いております。
また暖かくなった頃、更に成長したリバーラ号の走りを楽しみに致しております。
そして、今年も益々充実した馬主ライフでありますよう心より願っております。

(インタビュー・文/田中歩)

※この記事は 2023年1月7日 に公開されました。

インタビューアー
田中歩(たなか あゆみ)
茨城県出身。客室乗務員を経てフリーアナウンサーに転身。
現在、グリーンチャンネル「海外競馬中継」など各メディアで活躍中。
父は皐月賞馬ロゴタイプなどを管理した美浦の田中剛調教師。


×