京雅の沓冠
(和歌)


隠れたメッセージは「皇帝が GIへ」

<京雅さんの和歌【沓冠】の解説>
 ダート王決定戦、フェブラリーステークス(GI)へ通ずる重要な前哨戦・根岸ステークス。「皇帝」の名がつくエンペラーワケアが他馬に完勝(敵ない、一騎万全)してGIヘの切符を掴みました。
スタートを決めて、道中(この旅路)は5番手で進めると、鞍上のゴーサインに応えて先行勢を捉え(ハナヘ)ます。残り150mで追撃を完全に振り切り勝利を確信。見事、先頭でゴール板を駆け抜けました(嬉しいスター)。
危なげなく重賞タイトルを手にした「皇帝が GI(ジーワン)へ」向かいます。皇帝の戴冠なるか、今から楽しみが増える一戦でした。


※ 【沓冠】の解説
和歌の折句の一種。意味のある10文字の語句を、各句の初め(冠)と終わり(沓)に1字ずつ詠み込んだもの。「沓」とは、体の一番下に着けるもので、「冠」とは、一番上に着けるものであることから、「沓冠」といわれる。 平安貴族の「言葉遊び」で、短歌の中に、本文とは違う言葉を忍び込ませて、和歌の表面とは違ったメッセージを密かに伝えているところが、面白いところ。

※歌人“京雅”さん
長く競馬サークルに住みついている覆面歌人。

×