京雅の沓冠
(和歌)


隠れたメッセージは「武豊 記録なる」

<京雅さんの和歌【沓冠】の解説>
2000m走り切った先の着差はハナというドラマ。このドラマを演出したのはジャックドールと武豊騎手でした。
「馬場状態を考えると59秒前後で前半入りたい」と語っていた通りに58.9秒で軽快に逃げると直線でもしぶとさ健在。迫る昨年の牝馬2冠馬スターズオンアースを僅かの差で凌ぎ切りました。
この勝利で、武豊騎手はJRA騎手のGI最年長記録を54歳19日に更新。最年少記録も武豊騎手の19歳7か月23日(1988年の菊花賞をスーパークリークで優勝)で、まさにあっぱれの一言。GI勝利も節目の80勝で、記録ずくめの勝利となりました。


※ 【沓冠】の解説
和歌の折句の一種。意味のある10文字の語句を、各句の初め(冠)と終わり(沓)に1字ずつ詠み込んだもの。「沓」とは、体の一番下に着けるもので、「冠」とは、一番上に着けるものであることから、「沓冠」といわれる。 平安貴族の「言葉遊び」で、短歌の中に、本文とは違う言葉を忍び込ませて、和歌の表面とは違ったメッセージを密かに伝えているところが、面白いところ。

※歌人“京雅”さん
長く競馬サークルに住みついている覆面歌人。

×