京雅の沓冠
(和歌)


隠れたメッセージは「荒れた空 マテンロウ」

<京雅さんの和歌【沓冠】の解説>
 春の古馬GI戦線の前哨戦として重要な意味を持つ中山記念。今年はGI馬を含めた16頭が集結。雨が降る荒れた空模様の中、マテンロウスカイがインコースから見事に抜け出しました。
 ゲートが開いて、相手を見ながら(開いて、相手の掛詞)先団のポジションにつけ、馬場が悪くなる内埒沿いで耐えて脚を溜めます。ラストの直線、逃げ粘るハナ行くドーブネを目掛けて、駆けろ!とばかりに追い出し開始。しっかりと差し切り、2馬身差の勝利を掴みました。
 朝から雨が降り続いた荒れた空模様の中山競馬場で、「空」と名の付くマテンロウスカイが勝利の雨を浴びた一日となりました。(隠れたメッセージ「荒れた空 マテンロウ」)


※ 【沓冠】の解説
和歌の折句の一種。意味のある10文字の語句を、各句の初め(冠)と終わり(沓)に1字ずつ詠み込んだもの。「沓」とは、体の一番下に着けるもので、「冠」とは、一番上に着けるものであることから、「沓冠」といわれる。 平安貴族の「言葉遊び」で、短歌の中に、本文とは違う言葉を忍び込ませて、和歌の表面とは違ったメッセージを密かに伝えているところが、面白いところ。

※歌人“京雅”さん
長く競馬サークルに住みついている覆面歌人。

×