京雅の沓冠
(和歌)


隠れたメッセージは「北橋(=ノースブリッジ)が ファイトす」

<京雅さんの和歌【沓冠】の解説>中山競馬場で行われたアメリカジョッキークラブカップ、通称AJCCは、昨年から在厩で鍛えあげられたノースブリッジ(北+橋)が、インコースで溜めた脚を爆発させて優勝。
鞍上の岩田康誠騎手がレース後に「ラスト3ハロンで自分の進路を見いだしてファイトしてくれた」と語ったように、ガッツ溢れる走りで、昨年のエプソムカップに続く重賞2勝目を飾り、悲願のGI獲りに弾みをつけました。


※ 【沓冠】の解説
和歌の折句の一種。意味のある10文字の語句を、各句の初め(冠)と終わり(沓)に1字ずつ詠み込んだもの。「沓」とは、体の一番下に着けるもので、「冠」とは、一番上に着けるものであることから、「沓冠」といわれる。 平安貴族の「言葉遊び」で、短歌の中に、本文とは違う言葉を忍び込ませて、和歌の表面とは違ったメッセージを密かに伝えているところが、面白いところ。

※歌人“京雅”さん
長く競馬サークルに住みついている覆面歌人。

×