京雅の沓冠
(和歌)


隠れたメッセージは「シュネルが 淀で勝つ」

<京雅さんの和歌【沓冠】の解説>
京都競馬場に競馬凱旋。淀の地に競馬が戻ってきました。新装グランドオープンを迎えた京都競馬場の開幕週を盛り上げたのはGII・マイラーズカップ。
1~5着までが0.2秒差にひしめき合う熱戦を制したのはC.ルメール騎手を背に駆け抜けたシュネルマイスター。2年前にGIを戴冠した実力馬が久々の勝利の美酒を味わいました。これを弾みに自身二度目となるGI制覇に向かいます。


※ 【沓冠】の解説
和歌の折句の一種。意味のある10文字の語句を、各句の初め(冠)と終わり(沓)に1字ずつ詠み込んだもの。「沓」とは、体の一番下に着けるもので、「冠」とは、一番上に着けるものであることから、「沓冠」といわれる。 平安貴族の「言葉遊び」で、短歌の中に、本文とは違う言葉を忍び込ませて、和歌の表面とは違ったメッセージを密かに伝えているところが、面白いところ。

※歌人“京雅”さん
長く競馬サークルに住みついている覆面歌人。

×