【第4回】競馬ファンを増やすために
お笑い芸人のキャプテン渡辺です。趣味は競馬にパチスロ、麻雀とギャンブル毎日三昧。土曜テレビ東京系列で放送中の『ウイニング競馬』にも出演中!
この私が切り込み隊長となって馬主、調教師、騎手に話を伺う『キャプテン渡辺のウィナーズサークル』。

ジャングルポケット斉藤さんへのインタビュー。4回目は競馬ファンを増やすためのアイデア、今後の抱負をお聞きしました。

一口馬主、やってみたい?

馬が大好きな斉藤さん。一口馬主にも興味あり?

渡辺:それだけ馬が好きなら、一口とかはやってないの?

斉藤:やろうとしたけど、その馬はデビューしなかったんだよね。いつかやってみたいけど、番組のMCやっている間はやらないでおこうと思ってる。

渡辺:それはなんで?

斉藤:その馬に感情移入しちゃうから。MCって、プロとして常に冷静でないといけないし、もし仮にその馬が番組中のレースに出ることになったら、私的な感情がどうしても入っちゃう。それってよくないと自分では思ってるから。

渡辺:芸人だからいいじゃない、そういうの出しても。

斉藤:キャプテンのポジションならできるけど、MCはまた違うよの。番組を観ている人には馬券当たっている人もいれば外れている人もいるし、そんな中で淡々と司会進行していくのがMCだから。

渡辺:司会していて学んだこと多そうだね。

斉藤:番組のおかけでいろいろ考えるようになったし、これまでしてきた仕事の中で一番学んだことが多い。ダウンタウンさんと一緒に仕事するのも怖くなくなったし。いまは番組でしくってケガするよりも、生放送で馬名間違える方が怖い。

渡辺:他の芸人さんと競馬の話はするの?

斉藤:麒麟の川島さんとか、ナイツの土屋さんとか、しょっちゅうLINEで競馬の話してるよ。それこそキャプテンと安楽亭で焼き肉食べながら競馬の話したり、時間があっという間に過ぎてくよね。

渡辺:競馬の話題は話が尽きないよね。

斉藤:ほんと好きなことだから時間があったら競馬のこと考えてるし、家でもずーっと競馬のこと調べながら予想してる。

競馬ファンを増やすために

「共に番組MC10年を目指そうな」と誓う2人

渡辺:芸人の世界でも若手で競馬やっている人が少ないよね。ウインズでイベントするんだけど、「あれ? また同じ人」って錯覚するくらい客層が同じ。どうしたら若い人を、もっと競馬に引き寄せられると思う?

斉藤:きっかけは何でもよくて、まずは競馬を知ってもらうことが大事だと思う。自分のことに置き換えて考えると、オレがテレビでの露出が増えたきっかけって、テレビ朝日のロンドンハーツだった。芸人なら本当はネタから知ってもらうのが一番だけど、まずは名前と顔を覚えてもらって、テレビ出続けてるからネタも見てみようかなみたいな、そこからネタを見てもらえるようになることもある。

渡辺:それには、もっと競馬の宣伝が必要かもね。

斉藤:CMで人気の俳優・女優さんが競馬を楽しんでいるのはすごく良いことだと思う。あとはイベントだね。今ならUMAJOスポットもあるし、競馬場で人気俳優さんのイベントをすれば、最初は俳優が目当てでも、足を運んだら「競馬場のイメージが変わった」「レースってこういう風に行われてるんだ」とか、ギャンブル以外のイメージも浸透してくるし、若い人に競馬場へ来る何かきっかけを掴めるようなイベントをどんどん増やしてほしい。やりすぎだろうと言われるくらいしていけば変わってくると思う。

渡辺:それこそウインズで毎週お笑いライブと予想をやるとか。

斉藤:予想大会も定期的に行われてるけど、人気タレントがひとりいるだけで全然違うよ。競馬を知らないタレントが出てくるとファンは嫌悪感抱くかもしれないけど、若い人を集めるという趣旨で競馬もちゃんと語れる解説者もセットでやれば、違うと思うんだよね。たとえば地方なら、大井競馬場だとナイターでイリュミネーションもあり、ビュッフェもあり、カップルや仕事帰りのサラリーマンが楽しみに行ってたりするし。

渡辺:レース以外で惹きつけるものありだよね。最後に、今後の競馬関連でどういうふうになりたいと思ってるか聞かせて?

斉藤:ここまできたらMCを10年つづけたいね。キャプテンと一緒につづけていきたい。ここまで一緒に仕事してると、いわば戦友だし。それにオレ「ネタ面白いですよ」って声かけられるよりも「ウイニング競馬みてますよ、まったく当たりませんね」と言われることの方が嬉しいもん。

渡辺:高齢の競馬ファンの大半は、ジャングルポケットって言ったら、オレとキャプテン渡辺のコンビって思ってるよ。

斉藤:事務所違うっつに(笑)。

渡辺:ウイニング競馬、斉藤と一緒に10年に向けてがんばっていきますので、これからもよろしく!


ゲストに聞くキャプテン渡辺のここだけの話

Q. もし仮に、芝ダート・距離問わず新しいG1を創設するとしたら?
A.障害G1をつくるね(斉藤さん)。

渡辺:障害G1か!

斉藤:オレの中では、中山大障害、中山グランドジャンプは有馬記念、ダービーだと思ってるから。もしG1を新たに作るなら、障害G1を増やして欲しい。

渡辺:障害レースのどんなところに魅力を感じるの?

斉藤:お客さんが一体になる時間が好き。自分が馬券を買っている馬が落馬したら、その時点で終わっちゃうスリリングさとかもそうだし、馬が脱落していく中で残された馬たちが障害をジャンプして飛び越えていきながら無事最後にゴールして、その瞬間のみんなの拍手とか、障害レースだからこそ味わえる醍醐味だよね。

渡辺:オジュウチョウサンが出て、障害レースにも注目が集まってるよね。

斉藤:距離も長いし、長い時間楽しめるレースだから、みんながもっと障害レースにも注目してくれたらいいなって思うね。


ジャングルポケット斉藤さんへのインタビューは今回で終了です。

新型コロナウイルスの影響により、しばらくの間、更新をお休みさせていただきます。何卒、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

斉藤慎二:1982年10月生まれ。千葉県八千代市出身。お笑いタレント。2006年4月にジャングルポケットを結成。2013年4月よりテレビ東京系列「ウイニング競馬」のMCに抜擢。高校1年生の時、甲子園に出場した経歴あり。吉本興業所属。
キャプテン渡辺:1975年10月生まれ。お笑い芸人。競馬、競輪、パチンコ、パチスロは趣味の域を超えていまや生活の一部に。特技は関節技。2015年度の船橋競馬場のイメージキャラクターを務める。現在テレビ東京系列で放送中の『ウイニング競馬』にレギュラー出演中。
※この記事は 2020年4月24日 に公開されました。