【第1回】G1勝利の喜び
お笑い芸人のキャプテン渡辺です。趣味は競馬にパチスロ、麻雀とギャンブル毎日三昧。土曜テレビ東京系列で放送中の『ウイニング競馬』にも出演中!
この私が切り込み隊長となって馬主、調教師、騎手に話を伺う『キャプテン渡辺のウィナーズサークル』。
今回は、レッドファルクスでスプリンターズステークス二連覇を達成されました尾関知人調教師にお越しいただきお話を伺いました。

G1勝利の喜び

レッドファルクスでスプリンターズS連覇を達成した尾関調教師。

キャプテン渡辺(以下、渡辺):今回はレッドファルクスでスプリンターズステークス二連覇を果たされた尾関知人調教師にお越しいただきました。

尾関知人調教師(以下、尾関):よろしくお願いします。

渡辺:まずはレッドファルクスでのスプリンターズステークス連覇おめでとうございます。率直な感想をお聞かせいただけますか。

尾関:今回は前回と違って二連覇がかかっていたレースでしたし、安田記念からの休み明けでしたが一番強いのはレッドファルクスだとスタッフも含めてそう信じて調整してきました。ファルクスにいいレースをさせたいだけではなく、勝ちたい、勝たせたい思いで頑張ってきましたから、最後に差し切ったときは本当に嬉しかったですし、ホッとした気持ちにもなりました。

渡辺:いま振り返ってみても、本当に強いレースでしたよね。ボクはワンスインナムーンから馬券を買っていたので、直線でワンスインナムーンが抜け出して勝ったと思ったらレッツゴードンキが来て意欲が削げていたときに、さらにその外からレッドファルクスが来て。あの差し脚には驚きました。

尾関:前日の競馬番組で、大久保先生が本命にしてくださいまして。ちょうどレースが早く終わったので番組を見ることができて。

渡辺:それってボクがでている番組ですね。

尾関:その番組のゲストで出演されてた大久保先生が、本命は尾関のレッドファルクスとおっしゃってくださって。以前もゲストで出演されていたときに、そのときは桜花賞だったんですが管理馬のココロノアイを本命にしてくださらなくて。今回は本命で選んでいただいて、それもあって嬉しかったですね。

渡辺:尾関調教師が厩舎を開業されてから、G1初勝利をもたらしたのもレッドファルクスでした。

尾関:はい。

渡辺:最初のスプリンターズステークスでは、東京のダート1400mの欅ステークスに中京のCBC賞と連勝で挑まれてました。連勝したのが左回りでしたから、右回りはどうかなと思っていたのですが、中山の坂も後方から一気に駆け上がりました。

尾関:あのときは3番人気で課題もいろいろあったので、ただただ嬉しかったですね。

渡辺:レッドファルクスは、それまでダートを中心に使われてきましたよね。

尾関:そうですね。馬の成長に合わせて左回りを優先して使ってきた結果、ダートを走ることの方が多くなっていました。芝でも走るだろうとは思っていたので、だいぶ以前からCBC賞を使いたいと思ってました。ちょうど時計のかかる馬場になっていたし、この馬に合いそうだなと思って出走してみたらその開催は時計が速く、そこで速い時計で勝ったので、これは凄い馬かもと思いました。

渡辺:尾関調教師は今年で開業9年目ですよね。昨年のスプリンターズステークスは開業から8年目の勝利でした。G1初勝利は早い方ですよね。

尾関:そうですね。

渡辺:当時のお話になりますが、G1初勝利というのは調教師にどのようなお気持ちですか?

尾関:重賞レースを勝つことが、まずはその馬にとってひとつ仕事をやり遂げたかなという部分があります。ましてやG1となると、勝てる馬もそうそういるわけではないですし、馬とのめぐり逢いも必要になってきます。しっかりと仕事をやりつづけていけば、いつかそういう馬と出会えるのかなと思ってましたが、これほど早くG1を勝てるとは思っていませんでした。

競馬に興味を持ったきっかけ

「競馬に興味を持ったのはミスターシービーですね」(尾関調教師)

渡辺:調教師を目指そうと思われたきっかけを教えていただけますか?

尾関:小学校6年生のときに、ミスターシービーが史上3頭目の三冠馬になったころが競馬との出会いですね。新聞紙面でも話題にもなっていましたし、それがきっかけで競馬に興味を持つようになりました。

渡辺:ミスターシービーの三冠というと1983年ですね。

尾関:中学生のころは『月刊優駿』を買いながら競馬を見てました。翌年にはシンボリルドルフが出てきて、競馬って面白いなと思い競馬の魅力にハマりだしました。

渡辺:競馬場にも行かれたりしたのですか?

尾関:初めて競馬場に行ったのは中山競馬場でしたね。シンボリルドルフ、ミスターシービー、カツラギエースの三強対決となった有馬記念でした。父親に連れていってもらいまして。

渡辺:その3頭の激突、盛り上がりもすごそうですね。

尾関:ええ。あのレースを見てますます競馬が好きになっていきましたね。


以下、次回につづきます

尾関知人 調教師:1971年12月生まれ。2008年に調教師免許を取得し、2009年に厩舎開業。2012年、2015年、2016年度優秀調教師賞。開業3年目に新潟2歳ステークスをモンストールで優勝し初の重賞勝利。2016年レッドファルクスでG1初制覇。2017年同レース連覇達成。
キャプテン渡辺:1975年10月生まれ。お笑い芸人。競馬、競輪、パチンコ、パチスロは趣味の域を超えていまや生活の一部に。特技は関節技。2015年度の船橋競馬場のイメージキャラクターを務める。現在テレビ東京系列で放送中の『ウイニング競馬』にレギュラー出演中。