【第2回】なぜ調教師に?
お笑い芸人のキャプテン渡辺です。趣味は競馬にパチスロ、麻雀とギャンブル毎日三昧。土曜テレビ東京系列で放送中の『ウイニング競馬』にも出演中!
この私が切り込み隊長となって馬主、調教師、騎手に話を伺う『キャプテン渡辺のウィナーズサークル』。
尾関知人調教師へのインタビュー2回目、今回は調教師になられた経緯などの話題となりました。

なぜ調教師に?

「調教師の道を目指そうと思われたのはどういう経緯ですか?」(渡辺)

渡辺:前回は競馬に興味をもたれたときのお話を伺いました。ミスターシービー、シンボリルドルフをきっかけに競馬に興味を持たれたわけですが、そのころから調教師の道を目指そうと思われてたのはどういう経緯からですか?

尾関:当時、中学生だったのですが、その時点では調教師をなりわいにしようとは思っていませんでした。

渡辺:何かきっかけがあったのですか?

尾関:高校生のときに宮本輝さんの小説『優駿』を読んだことが大きかったですね。小説では競馬の内面的な部分も含めて、調教師のことが描かれていて。かっこよくて、漠然とした憧れを持ち始めたのはそのころからでした。

渡辺:騎手だけでなく調教師の方も、親世代から馬に関わってきて小さい頃から馬を見てきたという方も多いですが、尾関調教師の場合はどうだったのですか?

尾関:競馬や馬にはまったく縁もゆかりもない家系です。

渡辺:どういう流れでこの世界に入られたのでしょうか?

尾関:その当時、獣医から調教師になられる方が増えていたので、まずは獣医を目指して岩手大学の獣医学科に入りました。大学の先輩に和田正道先生がいらして、トレセンに入る相談もさせていただいたりしまして。同じ大学の先輩が獣医をされているノーザンファームの空港牧場へ行かせていただき、そのあと競馬学校に入って調教厩務員として働いてこの世界に入った形ですね。

渡辺:お話を伺うと、競馬ひとすじですね。中学校のころプロ野球選手になりたいみたいな一般的な夢はなかったのですか?

尾関:そうですね。スポーツはどちらかというとできる方ではなかったので(笑)。

渡辺:中学生のころから競馬にハマりだして、馬券の方にいかなくてよかったですね。ボクも競馬を見始めたのは中学のころで、面白いなとレースの魅力に取り憑かれて、結局馬券の方に行ってしまいました(笑)。

尾関:ハハハ(笑)。

渡辺:大学が岩手だと盛岡競馬場に水沢競馬場がありますよね。

尾関:はい。トウケイニセイという凄い馬がいましてね。岩手で一時代を築いた馬で、見に行ってました。懐かしいですね。

競馬以外の意外な?趣味…

尾関調教師の意外な趣味に驚くキャプテン渡辺

渡辺:これまでお話を伺ってきた他の調教師の方も、皆さん本当に馬が好きといいますか。日々馬のことしか考えてないような方々ばかりですね。尾関調教師もまさに同じような印象を受けます。

尾関:毎日やることが多いので、他のことも考えたいのだけれども考える時間がないといいますか。

渡辺:土日でレースが終わっても、また次の週にはレースがありますし。

尾関:そうですね。

渡辺:休みの日は何をされているんですか?

尾関:ゆっくり休んだり。撮りためたアニメを見たりしています。

渡辺:アニメですか?

尾関:はい。

渡辺:どんなアニメをご覧になるのですか?

尾関:『銀魂』とかですね(笑)。音楽を聴いたりもしています。

渡辺:聴かれる音楽はクラシックなどでしょうか?

尾関:ロック系ですね。去年ガンズ・アンド・ローゼズが再結成して、これは行かないといけないと思ったもののライブが土曜日で。東京競馬場から急いでコンサート会場に向かいました(笑)。


以下、次回につづきます

尾関知人 調教師:1971年12月生まれ。2008年に調教師免許を取得し、2009年に厩舎開業。2012年、2015年、2016年度優秀調教師賞。開業3年目に新潟2歳ステークスをモンストールで優勝し初の重賞勝利。2016年レッドファルクスでG1初制覇。2017年同レース連覇達成。
キャプテン渡辺:1975年10月生まれ。お笑い芸人。競馬、競輪、パチンコ、パチスロは趣味の域を超えていまや生活の一部に。特技は関節技。2015年度の船橋競馬場のイメージキャラクターを務める。現在テレビ東京系列で放送中の『ウイニング競馬』にレギュラー出演中。
※この記事は 2017年12月8日 に公開されました。