【第1回】馬自身が徐々にパワーアップ
お笑い芸人のキャプテン渡辺です。趣味は競馬にパチスロ、麻雀とギャンブル毎日三昧。土曜テレビ東京系列で放送中の『ウイニング競馬』にも出演中!
この私が切り込み隊長となって馬主、調教師、騎手に話を伺う『キャプテン渡辺のウィナーズサークル』。

今回は2018年JRA賞最優秀ダートホース馬ルヴァンスレーヴ、共同通信杯を勝ったダノンキングリーを管理する萩原調教師にお話を伺いました。

馬自身が徐々にパワーアップ

2018年最優秀ダートホース ルヴァンスレーヴを管理する萩原調教師

キャプテン渡辺(以下、渡辺):今回は昨年最優秀ダートホースに輝いたルヴァンスレーヴを管理されている萩原調教師にお越しいただきました。

萩原清調教師(以下、萩原):よろしくお願いします。

渡辺:今年のフェブラリーステークスは藤田菜七子騎手もあり例年以上に盛り上がったレースとなりました。ルヴァンスレーヴの名があればもっと盛り上がってましたね。ルヴァンスレーヴのいまの状況はいかがですか?

萩原:ゆっくり休んでいます。ファンの皆さんも含めてご心配されたと思いますが、ケガは軽症でした。当初フェブラリーステークス、ドバイを目標として掲げてはいましたが、昨年1年間がんばりましたので、ある意味、休ませるにはちょうどいまのタイミングでよかったと思います。

渡辺:入厩してきたときから大物感漂っていたのでしょうか?

萩原:正直申し上げるとオープンまでいくとは思っていましたが、G1馬になるとは思っていませんでした。

渡辺:どのあたりから、これは!と感じましたか?

萩原:ユニコーンステークスですね。

渡辺:たしかにあのレースでは3馬身ちぎっての勝利でした。でも怪物になるかどうかは、走ってみないとわからないところが多いのですね。

萩原:そうですね、競馬を使っていって、徐々に強い馬なんだな、と認識できるようになります。。

渡辺:改めてルヴァンスレーヴの復帰が楽しみですね。

萩原:ルヴァンスレーヴは皆さんが期待している馬ですから、オーナーも含めていろんな方が夢を見ていただける馬だと思ってます。

渡辺:どんな夢をルヴァンスレーヴとみていきたいですか?

萩原:本当の意味でチャンピオンになることですね。

渡辺:もう十分チャンピオンを名乗ってもいいと思うんですが...。

萩原:世界で勝ってこそ、本当の意味でチャンピオンだと胸を張れると思っています。

クラシック戦線で楽しみな1頭

共同通信杯馬ダノンキングリー。
ルヴァンスレーヴ同様今後が楽しみな一頭だ

渡辺:もう1頭、楽しみな1頭としてダノンキングリーが共同通信杯で朝日杯フューチュリティステークス馬を破って勝利されました。ダノンキングリーへはどのような印象を持たれていますか?

萩原:とてもいい筋肉していますし、性格も前向きですね。

渡辺:共同通信杯での上がりタイムも32秒台ですから、クラシックも意識されるのではないですか?

萩原:共同通信杯入れてレースはまだ3走ですし、どれくらいのレベルにあるのかはまだこれからだと思います。

渡辺:ルヴァンスレーヴにダノンキングリーと強い馬を複数管理されていると、両馬を同じ場に居合わせないようにするとか、気を遣われたりしますか?

萩原:それはないですよ(笑)。

渡辺:そうなんですね(笑)。このインタビューが掲載されるころにはクラシックも始まっていますが、3歳牡馬戦線を賑わすような結果を期待しています!


以下、次回につづきます

萩原清:1959年3月生まれ。調教師。美浦トレーニングセンターに所属。調教助手を経て1996年に調教師免許を取得。同年厩舎を開業。1999年ヤマニンアクロで共同通信杯4歳ステークスを勝ち重賞初勝利。2009年ロジユニヴァースでダービーを制覇。
キャプテン渡辺:1975年10月生まれ。お笑い芸人。競馬、競輪、パチンコ、パチスロは趣味の域を超えていまや生活の一部に。特技は関節技。2015年度の船橋競馬場のイメージキャラクターを務める。現在テレビ東京系列で放送中の『ウイニング競馬』にレギュラー出演中。