【第1回】皐月賞を勝ったときは本当に嬉しかったですね
はじめまして!お笑い芸人のキャプテン渡辺です。趣味は競馬にパチスロ、麻雀とギャンブル毎日三昧。土曜テレビ東京系列で放送中の『ウイニング競馬』にも出演中!
こんなわたくしでもいつか馬主になってダービー制覇したい!有馬記念を勝ちたい!ということで始まりました『キャプテン渡辺のウィナーズサークル』。

今回は、アルアインで皐月賞を制覇、NHKマイルカップをアエロリットで優勝された(有)サンデーレーシング 吉田俊介代表にお越しいただきました。ダービー直前、アルアインの話題を中心にお話を伺いました。

皐月賞を勝ったときは
本当に嬉しかったですね(吉田代表)

皐月賞をレコードタイムで優勝。二冠への期待がかかる

キャプテン渡辺(以下、渡辺):皐月賞、アルアインおめでとうございます!

(有)サンデーレーシング 吉田俊介代表(以下、吉田):ありがとうございます。インタビューアーがキャプテンと聞いて、今日は断ろうかと思いましたよ(笑)。

渡辺:何をおっしゃいます、ボクと吉田代表の仲じゃないですか(笑)。

吉田:JRA賞でご一緒したときの映像、まだ番組で使われていますね(笑)。

渡辺:いやいやいや。まずは皐月賞の感想から伺ってもよいですか?

吉田:正直、勝ったときは本当に嬉しかったですね。シンザン記念の1回しか負けていないわりには人気がなかったので、作戦も思い切って立てられました。気負わずにレースを観ていて、それでアルアインがあの競馬をしてくれたわけですから、ほんとに嬉しかったですね。

渡辺:レース前に勝つ手応えはありましたか?

吉田:チャンスはあるとは思っていました。レースである程度、前につけられる脚質、気性なので、その持ち味が活きる競馬はできると思っていました。これまでも前目で競馬をしていましたし。ただ、期待はしつつも人気がなかったので、半信半疑でした。

渡辺:馬券を買う立場としたら、アルアインの存在は気づけなかった…。

吉田:配当もつきましたね。

渡辺:3連単100万馬券。つきましたね。でもアルアインの馬券は買えなかったですよ。

ダービーでも
人気にならないんじゃないですか(笑)…(吉田代表)

「ダービーでも人気にならないんじゃないですか(笑)」(吉田)

吉田:アルアインが6着だったシンザン記念は、土砂降りのひどい馬場でした。それまで内々をついたら伸びる傾向があったので内側をついたのですが、そのレースでは馬場の中ほどを突いた馬が伸びてきました。それに前が詰まりスムーズな競馬をさせてもらえなかったのも影響したと思います。

渡辺:あのレースだけ観ると、実力はそうでもないのかなと思ってしまいました。

吉田:使ってきたレースが1600m、1800mだったので、私たちも距離が持つかどうかは未知数でした。ただ、アルアインは競馬を使われながら変わってきてたし、ちょうどよいところで皐月賞本番を迎えられたんだなと思います。

渡辺:以前、番組でご一緒したときに、今年のクラシック期待馬にアルアインの名前は出てきてなかったですよ(笑)。

吉田:あのときはシンザン記念で負けた直後でしたし(笑)。

渡辺:皐月賞勝って、クラシック一冠。次はダービーですが、人気の面ではどうでしょうかね。

吉田:ダービーでも人気にはならないんじゃないですか(笑)。そんな気がします。やっぱり距離が不安に見られるんじゃないですかね。ダービーだと、ちょっと後ろから差してくるような馬が好まれるのかなとも思います。

渡辺:とはいえ正直、色気はちょっとありますよね。

吉田:それはありますね(笑)。


以下、次回につづきます


(有)サンデーレーシング 吉田俊介代表:1974年4月生まれ。慶応大学卒業後、ノーザンファームに入社。ノーザンファーム空港牧場の場長をへて、現在はノーザンファーム副代表。(有)サンデーレーシング代表も兼任。
キャプテン渡辺:1975年10月生まれ。お笑い芸人。競馬、競輪、パチンコ、パチスロは趣味の域を超えていまや生活の一部に。特技は関節技。2015年度の船橋競馬場のイメージキャラクターを務める。現在テレビ東京系列で放送中の『ウイニング競馬』にレギュラー出演中。