【第2回】騎手になろうと思ったきっかけ
お笑い芸人のキャプテン渡辺です。趣味は競馬にパチスロ、麻雀とギャンブル毎日三昧。土曜テレビ東京系列で放送中の『ウイニング競馬』にも出演中!
この私が切り込み隊長となって馬主、調教師、騎手に話を伺う『キャプテン渡辺のウィナーズサークル』。

今年騎手になった大塚海渡騎手、小林凌大騎手、菅原明良騎手の3名にお越しいただいてのインタビュー。2回目は、騎手になろうと思ったきっかけを中心にお話を伺いました。

騎手になろうと思ったきっかけ

小学5年生のから乗馬を始めて騎手を目指そうと思った大塚騎手

渡辺:騎手になろうと思ったきっかけを教えてください。

大塚:小学校5年生のときに乗馬をしていて、中学校に入ったころから騎手を目指すようになりました。

渡辺:どうして乗馬を始めようと思ったのですか?

大塚:父親が調教助手をしていて当時トレセンの社宅に住んでいて、ボクのひとつ上の友達が乗馬をはじめたことがきっかけです。中学校で部活が始まると乗馬を辞めていく友達も多かったんですが、ボクは騎手になりたかったので部活に入らずに続けてました。

渡辺:小林騎手は父親の影響が大きかったですか?

小林:はい。小学校6年生のときに父親の引退式があってそこから競馬を本格的に観るようになり、騎手の姿がカッコいいなと思って騎手を目指そうと思いました。

渡辺:父親からは反対されませんでしたか?

小林:頑張れるならやってみればという感じでした。

渡辺:菅原騎手はどのようなことがきっかけですか?

菅原:ボクは実家が中山競馬場のすぐ近くで、毎週のように競馬場に足を運んでいましたし、親戚に障害レースに出ていた三浦堅治元騎手がいてそのつながりもあり、物心ついたときには騎手になるものだと自然と思ってました。

渡辺:騎手一択ですか?

菅原:はい。

渡辺:3人とも環境が騎手にさせた感じがしますね。もしボクみたいな環境に生まれて、それこそ芸人なんか目指していたら大変なことになってましたよ(笑)。

大塚小林菅原:ははは(笑)。

好きな名馬・乗ってみたい名馬

好きな名馬はハープスター。「あぁいう風に勝ちたい」と小林騎手

渡辺:過去の名馬で好きな馬を1頭あげるとしたらどの馬ですか?

大塚:ボクはオルフェーヴルです。騎手になろうと思って乗馬を始めたときに活躍していたのがオルフェーヴルで、三冠馬になって凱旋門賞で2年連続2着して一般のニュースにも取り上げられていて、競馬って夢があるんだなって思いました。

小林:ボクはハープスターですね。一番後ろからレースを進めて、直線で差し切る追い込み方に華がありました。ボクもああいう風に追い込んで勝ちたいなと思ってレースを観てました。

菅原:ボクはオルフェーヴルですね。引退レースの有馬記念を間近で観て、これで引退するのかというくらい後続を突き放して勝ちましたよね。凱旋門賞でも2着2回と世界のトップホースになりかけてましたし、すごくカッコいいなと思いました。

渡辺:もし過去の名馬に乗れるとしたらどの馬に乗りたいですか?

大塚:ディープインパクトです。飛ぶような走りってどんな感じなのか、乗ってみたいです。

小林:ボクもディープインパクトですね。ディープインパクトの仔どもでもいいので乗ってみたいです。

菅原:ボクもディープインパクトです。どんな背中か感じてみたいです。

「能力があるいい馬は反応のよさに感動します」と菅原騎手

渡辺:まだデビューして間もないですけど、走る馬と走らない馬の違いって跨ってみて感じますか?

大塚:はい。それは感じます。

小林:いい馬は、全然スピード出ていない感じなのに実際はすごく速く走っていますね。

菅原:オープン馬と未勝利の馬とでは乗っていて全然違います。

渡辺:なるほど。競走馬の能力の違いって、騎手になったばかりでも感じられるくらい全然違うんですね。

菅原:オープン馬は背中に安定感があって、自分からグイグイ走っていきますから。行けってゴーサイン出したときの反応とか、そのよさに感動することもありますよ。


騎手に聞くキャプテン渡辺のここだけの話

Q.好きな女性のタイプを教えてください。
A.ボクは声が可愛い女性が好きです(大塚騎手)
  ボクはふわっとした感じの方が好きです(小林騎手)
  ボクは優しい女性がいいです(菅原騎手)

渡辺:年齢とかは気にしないですか?

大塚:それほど気にはしないです。

渡辺:ではかなりの熟女とか(笑)。

大塚:それはちょっと...(笑)。

渡辺:ふわっとした感じというと天然っぽい子ですか?

小林:天然まではいかないんですけど、話していてふざけ合えたり友達感覚で言えたり。

渡辺:優しい女性というと、菅原騎手は女性に対しては受け身ですか?

菅原:ズバッと言われるよりは、優しくしてもらいたいです(笑)。


以下、次回につづきます

大塚海渡:2000年10月生まれ。騎手。茨城県出身。35期生。木村哲也厩舎所属。初騎乗は2019年3月2日、中山競馬場での3歳未勝利戦(16頭中9着)。初勝利は同年4月7日中山競馬場4歳以上1000万下戦。目標とする騎手はJ.モレイラ騎手。
小林凌大:2001年2月生まれ。騎手。茨城県出身。35期生。小西一男厩舎所属。初騎乗は2019年3月2日、中山競馬場での4歳以上500万下戦(16頭中7着)。父は元JRA騎手で現在JRA競馬学校教官の小林淳一元騎手。目標とする騎手は田辺裕信騎手。
菅原明良:2001年3月生まれ。騎手。千葉県出身。35期生。高木登厩舎所属。初騎乗は2019年3月2日、中山競馬場での3歳新馬戦(15頭中8着)。初勝利は同年4月20日福島競馬場4歳以上500万下戦。目標とする騎手は戸崎圭太騎手。
キャプテン渡辺:1975年10月生まれ。お笑い芸人。競馬、競輪、パチンコ、パチスロは趣味の域を超えていまや生活の一部に。特技は関節技。2015年度の船橋競馬場のイメージキャラクターを務める。現在テレビ東京系列で放送中の『ウイニング競馬』にレギュラー出演中。
※この記事は 2019年10月18日 に公開されました。