【第4回】30歳までに達成したいこと
お笑い芸人のキャプテン渡辺です。趣味は競馬にパチスロ、麻雀とギャンブル毎日三昧。土曜テレビ東京系列で放送中の『ウイニング競馬』にも出演中!
この私が切り込み隊長となって馬主、調教師、騎手に話を伺う『キャプテン渡辺のウィナーズサークル』。

今年騎手になった大塚海渡騎手、小林凌大騎手、菅原明良騎手の3名にお越しいただいてのインタビュー。今回は、30歳までに達成したいこと、勝ちたいレースなどをお聞きしました。

30歳までに達成したいこと

「自分の技術で乗せてもらえる騎手になりたい」(大塚騎手)

渡辺:30歳までに達成したいことは何ですか?

大塚:ボクは騎手として信頼される騎手になりたいです。いまは自分の技術よりも減量で馬に乗せてもらっているので、自分の技術で乗せてもらえるようになりたいです。

小林:ボクはリーディングジョッキーになりたいのと、G1を優勝したいです。まだ足元にも及んでないんですが、目標に近づけるよう減量期間中に技術を身につけていきたいです。

菅原:ボクは25歳までにはG1を勝ちたいですし、海外にも行けるような騎手になりたいです。オイシン・マーフィー騎手が秋も日本に来る予定で、まだ20代前半なのに日本だけじゃなく海外でもたくさんG1勝っているし、すごい刺激になってます。

渡辺:外国人騎手の凄さをどのあたりに感じますか?

菅原:馬に乗る技術ですね。海外競馬は馬群がギュッとしているレースが多いですけど、日本の場合はスペースがあるので、外国人騎手からしたら日本の競馬は進路も取りやすいと思います。

渡辺:海外武者修行に出たいと思いませんか?

菅原:いつかはしたいです。

「リーディングジョッキーになり、G1を優勝したい」(小林騎手)

渡辺:それこそ新人時代から海外に行って帰ってきたら、いったいどんな騎手に成長したんだと思われ騎乗機会も増えるんじゃないですか?

小林:海外に行くならある程度厩舎の方ともつながりを作ってからがいいかなと思います。遠征に行っている間、他の人に馬が渡っちゃうので、行くなら結果を残してからですよね。

渡辺:でも技術があれば乗せるでしょう。仮に20代前半で海外に行って5年後に戻ってきてもまだ20代後半ですよ。

大塚:5年はちょっと長いかな(笑)。

渡辺:それくらいの思いっきりのよさも、時には必要ですよ(笑)。

菅原:それには英語を話せないとですよね。野中騎手も海外行く前に英語の勉強されてましたし、まずは英語を勉強するところからですね。

勝ちたいレース

「凱旋門賞を勝ちたいです」(菅原騎手)

渡辺:勝ちたいレースを聞きかせください。

大塚:どのレースを勝ちたいと聞かれたらダービーですね。ダービーを勝つために今年何勝したりとか、何歳まで何勝するとか目標ができるので、そこに向けて頑張っていきたいです。

渡辺:小林騎手はどうですか?

小林:ボクもダービーを勝ちたいです。ダービージョッキーと呼ばれるジョッキーになりたいです。

渡辺:菅原騎手はいかがですか?

菅原:3人とも答えが同じじゃない方がいいですよね…(笑)。

渡辺:同じでも大丈夫ですよ。

菅原:そうしたら、ボクは凱旋門賞を勝ちたいです。

渡辺:日本人騎手まだ勝ってないですからね。ダービージョッキーもすごいけど、凱旋門賞を勝ったらそれ以上に歴史に名を残しますよ。

菅原:はい。目標を高くもって自分の技術を伸ばしていきたいです。

渡辺:今日はありがとうございました。

大塚小林菅原:ありがとうございました。

渡辺:最後にボクから皆さんへのお願いです。年齢を重ねるとどんどん生意気になっていくので、競馬に慣れてきても初心は忘れずに、ボクが話しかけても答えてくれる優しさを持ち続けてくださいね(笑)。

大塚小林菅原:はい。わかりました(笑)。


騎手に聞くキャプテン渡辺のここだけの話

Q.合コンへ行ったことはありますか?
A.まだ、ないです(大塚騎手、小林騎手、菅原騎手)

渡辺:行ってみたいですか?

菅原:機会があれば行ってみたいです。

大塚:興味はないです。もし女性と付き合うなら、自然な流れで付き合いたいです。

渡辺:図書館で同じ本を取り合ったりとか。

大塚:それは...(笑)。

小林:キャプテンさんに紹介してもらうのはどうですか? ボクは女子アナよりも女優がいいので、紹介よろしくお願いします。

渡辺:できないって。前回も言ったけど、それ絶対ムリだから(笑)。


大塚海渡 騎手・小林凌大 騎手・菅原明良 騎手へのインタビューは今回で終了です。次回は、山本潤さんへのインタビューです

大塚海渡:2000年10月生まれ。騎手。茨城県出身。35期生。木村哲也厩舎所属。初騎乗は2019年3月2日、中山競馬場での3歳未勝利戦(16頭中9着)。初勝利は同年4月7日中山競馬場4歳以上1000万下戦。目標とする騎手はJ.モレイラ騎手。
小林凌大:2001年2月生まれ。騎手。茨城県出身。35期生。小西一男厩舎所属。初騎乗は2019年3月2日、中山競馬場での4歳以上500万下戦(16頭中7着)。父は元JRA騎手で現在JRA競馬学校教官の小林淳一元騎手。目標とする騎手は田辺裕信騎手。
菅原明良:2001年3月生まれ。騎手。千葉県出身。35期生。高木登厩舎所属。初騎乗は2019年3月2日、中山競馬場での3歳新馬戦(15頭中8着)。初勝利は同年4月20日福島競馬場4歳以上500万下戦。目標とする騎手は戸崎圭太騎手。
キャプテン渡辺:1975年10月生まれ。お笑い芸人。競馬、競輪、パチンコ、パチスロは趣味の域を超えていまや生活の一部に。特技は関節技。2015年度の船橋競馬場のイメージキャラクターを務める。現在テレビ東京系列で放送中の『ウイニング競馬』にレギュラー出演中。
※この記事は 2019年11月1日 に公開されました。