【第4回】尊敬する騎手
お笑い芸人のキャプテン渡辺です。趣味は競馬にパチスロ、麻雀とギャンブル毎日三昧。土曜テレビ東京系列で放送中の『ウイニング競馬』にも出演中!
この私が切り込み隊長となって馬主、調教師、騎手に話を伺う『キャプテン渡辺のウィナーズサークル』。

松岡騎手へのインタビュー4回目は、競馬への姿勢や尊敬する騎手についてお話を伺いました。

競馬への姿勢

「ウインブライトは自分の集大成でもありますね」(松岡)

渡辺:現役馬で乗ってみたいと思う馬はいますか?

松岡:自分が関わっている馬以外は興味ないですね。与えられた馬をどうしたら一番走らせると思っているだけで、この馬に乗りたいというのはないです。

渡辺:それこそ武豊騎手とディープインパクトみたいな、相棒ってほしくないですか?

松岡:ウインブライトがいるじゃないですか。馬の能力を見極める力とか、レースでの教えこみや馬の能力の引き出す力とか結果を出せたので、そういう意味ではウインブライトは自分の集大成でもありますね。以前はゆったりしていたけど、今は動きすぎちゃって怖いくらいですから。スライドとか、脚の回転とか、こんなにピッチ上げて大丈夫かよっていうくらい動いてますよ。

渡辺:集大成ですか! 松岡騎手がウインブライトにずっと跨っているというのも大きいですね。

松岡:ボクが若いときに伊藤雄二先生とか大久保正陽先生とかに「松岡くんはいいジョッキーになるから」ってかわいがってもらって、ファインモーションなどの名馬にも乗せてもらったし、ダービーにも騎乗させてもらったりとか、そういう経験も生きてるって思いますね。

渡辺:調教師と騎手との関係ってどんな感じなのですか? 調教師が騎手に意見を聞いてきたりするケースとかあるのですか?

松岡:中舘調教師とかは、その馬の個性や特徴について、騎手の意見をしっかりと聞いてくれますね。

渡辺:へぇ。

松岡:ヨーロッパに行ったときも、シーザスターズを手がけたジョン・オックス調教師からも跨った馬のこと聞かれましたね。あれだけG1を勝って、名馬も手がけている名調教師がですよ。「わからないから聞くんだ。お前にヒントをもらって考えるんだ。それでもわからないのが競馬だ」って。あぁ素晴らしいなって思いましたね。

渡辺:それこそ調教師にも短期免許をあげて、オフシーズンに来てもらって日本で馬の調教をさせたら日本の競馬もぜんぜん違う世界になりそうですね。

松岡:日本も競馬に対するその姿勢は学ばないとだよね。

尊敬する騎手

「典さんや四位さんの競馬への姿勢は受け継いで
いかないといけないと思いますよ」と松岡騎手

渡辺:そろそろインタビューも締めに入りたいんですけど、凄いと思う騎手を先輩と後輩それぞれあげてもらえますか?

松岡:先輩だと、横山典さんと四位さんですね。

渡辺:どんなところでそう感じますか?

松岡:典さんは、馬のいいことばかり言って次の騎乗につなげるんじゃなくて、馬のためを思ってズバッと言いますからね。それを貫き通している姿勢は凄いです。それだけ言える技術も感覚も持っているし、その馬のいいところを引き出そうとして常に乗っているし、典さんから学ぶところはまだまだありますね。

渡辺:四位騎手はどうですか?

松岡:ボクがまだデビューしたてのころ、何かあるごとに声をかけてくれたのが四位さん。G1で人気になっていたときに「松岡、G1は小細工するんじゃない、ドンと乗れ」とアドバイスくれて。大レースに乗る心構えとか、いま振り返ると、そういうことなんだなって思うこと多いですよ。

渡辺:特に大きなレースになると、あれこれ考えすぎちゃいそうですよね。

松岡:今の時代に取り残されているかもしれないけど、典さんや四位さんの競馬への姿勢は受け継いでいかないといけないと思いますよ。

渡辺:後輩騎手はどうですか?

松岡:乗り方を見ていていいなと思うのは松若くんですね。折り合いつけるのも上手いし、馬へのあたりもやわらかい。乗っていて小さく見せないですし、上手だなって思いますよ。あとは鮫島(克)かな。乗り方は姿勢も高くて荒いんだけど、技術的にはこれから伸びそうですよね。

渡辺:最後に、騎手引退後の姿を考えてますか?

松岡:本当は30歳で騎手辞めたかったんですけど、30歳くらいからようやく競馬の面白さがわかってきて、いま一番競馬がおもしろいですね。なんて奥深いスポーツなんだろうって。自分でもそうなるとは思ってなかったですね。

渡辺:10年後、調教師になろうとは思わないですか?

松岡:いまは思わないけど、10年後には違う魅力を競馬に感じて調教師をやりたいと思う自分がいるかもしれない。なるとしたらアパレルかな。野球をしていたころから、毎週毎週勝負の世界で生きてきたので、古着屋でもしてのんびり生活したいなと。

渡辺:雀荘のマスターはどうですか?

松岡:それもありだね(笑)。


松岡騎手に聞くキャプテン渡辺のここだけの話

Q.人気のない馬でレースに出るとき、どんな気持ちで騎乗しますか?
A.ハマるかどうかだね。(松岡騎手)

渡辺:具体的に教えてもらえますかか?

松岡:1番人気の馬が一番強いとするじゃないですか。16番人気が一番弱い馬だとして、1番人気の馬は条件がつかないんですよ。この相手だったらまず勝てるだろうと。人気が下がるにつれてだんだん条件がついてくる。どうしてもこの展開にならないと上位には来れないとか。

渡辺:10番人気以下の馬なんて特にそうですよね。

松岡:だからあとはその条件にハメ込むだけで、ハマらなかったらダメ。ハマればうまくいく。大体は失敗するけど、でももしこの展開だったら勝つんじゃないかというのはあるので、それにハメ込もうとして乗りますね。

渡辺:たとえば逃げてドスローに落として、そのまま逃げ残るのはどうかと素人ながらに思ってしまうんですが...。

松岡:競馬はエンターテイメントでもあるから、逃げるならちゃんとしたペースで逃げないと、というのはありますね。スローだと競馬は面白くないしですし。

渡辺:なるほど。

松岡:若手でペースをドスローにして何を考えてんのって思うことがありますよ。ハナにいったら、レースをつくる責任感は持たないと。若いときは勝たないといけないという気持ちが強かったけど、いまは勝ち負けもあるけどそれ以上に競馬を面白くすることを考えてレースに乗りますね。


松岡正海 騎手へのインタビューは今回で終了です。次回は、DMMドリームクラブ 野本巧取締役へのインタビューです

松岡正海:1984年7月生まれ。騎手。競馬学校第19期生。2003年デビュー。同年3月に初勝利。2006年にアイルランドのジョン・オックス厩舎のもとで約3か月間の武者修行に。2007年ヴィクトリアマイルを12番人気コイウタで優勝、2009年天皇賞(春)をマイネルキッツ(12番人気)で制覇。2019年ウインブライトでクイーンエリザベス2世カップを勝ち海外G1レース初制覇。
キャプテン渡辺:1975年10月生まれ。お笑い芸人。競馬、競輪、パチンコ、パチスロは趣味の域を超えていまや生活の一部に。特技は関節技。2015年度の船橋競馬場のイメージキャラクターを務める。現在テレビ東京系列で放送中の『ウイニング競馬』にレギュラー出演中。
※この記事は 2019年8月2日 に公開されました。