【第3回】騎手として一番楽しいことは?
お笑い芸人のキャプテン渡辺です。趣味は競馬にパチスロ、麻雀とギャンブル毎日三昧。土曜テレビ東京系列で放送中の『ウイニング競馬』にも出演中!
この私が切り込み隊長となって馬主、調教師、騎手に話を伺う『キャプテン渡辺のウィナーズサークル』。
素朴な疑問として、戸崎騎手はいま何に悩まれているのでしょうか? 騎手として一番楽しいことは? 3回目の今回はそんな切り口でお話を伺いました。

騎手としての悩み

戸崎騎手の騎手としての悩みとは?

渡辺:いま騎手として何を悩まれていますか?

戸崎:唐突な質問ですね(笑)。

渡辺:素朴な疑問として、戸崎騎手が騎手としてどんなところに悩まれているのかなぁと思いまして。

戸崎:課題をあげるとすれば、自分自身の中の勝負根性ですかね。

渡辺:勝負根性ですか?

戸崎:勝ち切るところで勝たせるというか。ダービーにしろ安田記念にしろ、すごい騎手であればきっちりと勝ってたと思うんですよね。ダービーは半馬身差で安田記念はクビ差でしたから。あの差で勝てないというのは、騎乗技術だけでない何かが自分の中に必要なんだと思います。

渡辺:でもどちらも2着ですよ、それだけでも充分な気がしますが。

戸崎:この世界は結果がすべてですから。勝たなければならないと思いますし、別な騎手だったら違うアプローチで勝っていたかもしれない。馬はとても繊細なので馬へのアプローチの仕方ひとつで全然結果も違ってくるんですよ。どちらのレースも馬が頑張ってくれましたが、あそこで勝つためには別な何かが必要なんだと思います。

渡辺:そのひとつが戸崎騎手の中の勝負根性ということでしょうか。

戸崎:そうですね。自分の中でもうひとつランクを上げて成長できたら、結果も違っていたかもしれないと思ってます。

騎手として一番楽しいこと

いま一番楽しいことについて戸崎騎手は...

渡辺:逆に騎手として一番楽しいことは何でしょうか?

戸崎:馬に乗っているときですね。ここ最近、そのことをまた感じるようになりました。

渡辺:なるほど。

戸崎:馬とコンタクトを取れているときが、すごく楽しいですね。一体になればもっと自分が楽しくなると思います。逆にキャプテンさんはいま何に悩まれているんですか?

渡辺:えっとですね。手持ちが5000円しかなくて、家賃どうしようとか、昼飯節約して飢えをしのごうとか、ですね…。

戸崎:でも馬券は買われるのですよね。

渡辺:はい。5000円あったらひと勝負できますよね…ってボクの話はどうでもいいですって(笑)。ちなみに騎手の方ってレースでの賞金とかお金は意識されるのですか? 話せる範囲で構いませんが。

戸崎:賞金が高い方が嬉しいは嬉しいですが、ボクはあまり意識していないです。騎手としてリーディングを目標にしてますし、未勝利もG1も勝ちたい気持ちはいっしょですね。勝ったときの嬉しさは多少違いますが、1着がほしい、それが一番ですね。

渡辺:お金の心配をしなくていいなんて羨ましい。人生をボクと変わりませんか?(笑)。

戸崎:もしほんの少しの期間でもキャプテンさんの人生を体験したとしたら、毎日が不安になりそうで、ボクにはキャプテンさんのような生活をするのは競馬以上に難しそうです(笑)。


以下、次回につづきます

戸崎圭太:1980年7月生まれ。騎手。1999年に大井競馬でデビュー。2008年に初めて地方全国リーディング獲得。地方競馬在籍中に安田記念を勝ち中央G1初制覇。2013年に中央へ移籍。2014年はジェンティルドンナで有馬記念制覇なども含め146勝を挙げ、初の中央リーディングを獲得。皐月賞でクラシック初制覇。
キャプテン渡辺:1975年10月生まれ。お笑い芸人。競馬、競輪、パチンコ、パチスロは趣味の域を超えていまや生活の一部に。特技は関節技。2015年度の船橋競馬場のイメージキャラクターを務める。現在テレビ東京系列で放送中の『ウイニング競馬』にレギュラー出演中。
※この記事は 2018年7月13日 に公開されました。