【第2回】スランプだったとき
お笑い芸人のキャプテン渡辺です。趣味は競馬にパチスロ、麻雀とギャンブル毎日三昧。土曜テレビ東京系列で放送中の『ウイニング競馬』にも出演中!
この私が切り込み隊長となって馬主、調教師、騎手に話を伺う『キャプテン渡辺のウィナーズサークル』。
戸崎騎手を迎えてのインタビュー2回目。今回は未勝利がつづいた時期の心境などについてお聞きしました。

スランプだったとき

3週つづけて未勝利だったときの心境は...

渡辺:2018年のスタートは、中山金杯、フェアリーステークス、シンザン記念と重賞3連勝。勢いがすごかったですよね。でもその後、2月は3週続けて勝ち星から遠ざかりました。このあたりの時期は心理的にどういう感じだったのでしょうか?

戸崎:うーん、そうですね。キャプテンの立場でいうと、すごい面白いことを言っているのにみんなが笑ってくれない、みたいな感じですか(笑)。

渡辺:どんなたとえですか(笑)。

戸崎:最高の騎乗ができないというか、馬とのコンタクトというか、馬との一体感ができていない感じでした。

渡辺:なるほど。

戸崎:いま振り返ると、2017年にイギリスに行かせていただいて、全然日本と競馬が違っていてうまく乗れなくて。イギリス競馬で受けた衝撃が自分の中で残っていて、もっとこうでなくてはいけない、自分のここを成長させていきたいという想いもあり、どこか騎乗や馬へのコンタクトがチグハグなっていたのかなと思います。

渡辺:いまはご自身の中で修正された感じですか?

戸崎:以前よりは馬とはコミュニケーションはとれているなという感じはしてます。全部ではないですけど、前よりはよくなったという感覚はありますね。

馬への接し方

馬との接し方について、お願いするタイプ? 命令するタイプ?

渡辺:どなたかがおっしゃってましたが、馬とコンタクトをとるとき、ある騎手は馬に「行け!」と叱咤する、別な騎手は馬に対して「こっち行って、お願い」とやさしく誘導する。で、武豊騎手は馬に対して「そっちにいった方がいいよぉ」という感じで誘導の仕方がうまいとお聞きしました。戸崎騎手の場合は、馬とのコンタクトは叱咤するのとお願いするのと、どちらですか?

戸崎:ボクの場合は、どちらかといえば馬に「そっちに行ってくれ」とお願いする方ですね(笑)。

渡辺:やさしいですね(笑)。以前内田騎手にお話を伺ったときは、ゴールドシップに対しては「お前には負けないからな」の姿勢で挑んでいたとおっしゃってました。

戸崎:実際は馬によって接し方は違いますが、どちらもバランスよく幅広くやれた方がいいと思いますね。自分が強さを主張するだけでもダメですし、やさしいだけでもダメな馬はいるでしょうし。

渡辺:馬の気持ちや状況を感じ取りながら、叱咤したり、やさしく誘導したりするわけですよね。そう考えると、馬の扱い方ってほんと難しいんですね。


以下、次回につづきます

戸崎圭太:1980年7月生まれ。騎手。1999年に大井競馬でデビュー。2008年に初めて地方全国リーディング獲得。地方競馬在籍中に安田記念を勝ち中央G1初制覇。2013年に中央へ移籍。2014年はジェンティルドンナで有馬記念制覇なども含め146勝を挙げ、初の中央リーディングを獲得。皐月賞でクラシック初制覇。
キャプテン渡辺:1975年10月生まれ。お笑い芸人。競馬、競輪、パチンコ、パチスロは趣味の域を超えていまや生活の一部に。特技は関節技。2015年度の船橋競馬場のイメージキャラクターを務める。現在テレビ東京系列で放送中の『ウイニング競馬』にレギュラー出演中。
※この記事は 2018年7月6日 に公開されました。