委員会報告・行事報告

  • 2018 10/29

    中山馬主協会 創立70周年記念 祝賀会

    10月29日 帝国ホテル本館 孔雀の間にて、「中山馬主協会 創立70周年記念 祝賀会」が催されました。
    当日は、当協会会員とご同伴者の他、日本中央競馬会の後藤理事長・土川特別顧問、自由民主党競馬推進議員連盟橋本会長、森田千葉県知事、松戸船橋市長、村越市川市長、日本馬主協会連合会並びに各馬主協会の会長・副会長、騎手・調教師など、500名以上の方々にお越しいただきました。

    オープニングセレモニーでは、歌舞伎役者の市川海老蔵丈に、御祝いの日に相応しい「延年之舞」を披露していただき会場は荘厳な雰囲気に包まれました。
    その後、当協会が地域貢献事業で寄贈した楽器と制服に身を包んだ市川市消防音楽隊のGI生ファンファーレ演奏で開幕しました。

    司会進行は、当協会のイベントではお馴染みの徳光和夫氏と鈴木淑子氏のお二人がつとめ、「有馬記念スペシャルトーク」では、当日のご出席者の中で有馬記念優勝騎手である蛯名正義騎手、内田博幸騎手、戸﨑圭太騎手にご登壇いただき、自身の優勝レースの映像と共に、当時の思い出をお話しいただきました。

    宴の中盤では、BSフジで放送された西川会長の馬主50年表彰の映像をご覧いただき、その直後に、長く当協会にご在籍され、会の発展に貢献された皆様を表彰する「永年表彰」が執り行われました。10年以上・20年以上・30年以上・40年以上の4つのカテゴリーの男女代表者、計8名が登壇し、西川会長から永年表彰品を授与されました。
    また吉幾三さんのライブステージでは、「雪国」や「酒よ」などを熱唱していただいたほか、軽快なトークに会場は大変盛り上がり、盛況のうちに幕を閉じました。