お知らせ

中山馬主協会では、「公益財団法人 中央競馬馬主社会福祉財団」の委嘱を受け、千葉県内に所在する社会福祉施設へ、助成金の交付を行っております。

馬主として "目に見える形" で社会福祉に貢献し、同時に競馬のイメージアップを図りたいとの機運の高まりから、昭和44年に中央競馬馬主社会福祉財団が設立いたしました。以来、昭和44年から現在までに当協会を通じて千葉県下の福祉施設等へ助成した件数は1900件以上、総額にして約77億2900万円となっています。

平成30年度助成事業の要望を募集いたします。

募集期間 平成30年2月13日(火)~3月9日(金)必着
※受付は締め切りました。

助成事業を希望される法人の方は下記文書をご確認いただき、要望調査書及び添付書類を郵送にてご提出下さい。

中央競馬馬主社会福祉財団ホームページ
http://www.jra-umanushi-hukushi.or.jp/

平成28年度に助成を行った施設の皆様より感謝の声が届いております。

(福)啓愛会 銚子中央保育園
保育園の通園業務などに有効的に使わせていただいております。1クラス25名分が丁度乗車出来、先日も老人ホームへの慰問などにも使わせて頂いております。また、当法人が運営しております他の児童クラブなどでも、休日などは使うことも出来、多いに役立っております。
(特非)MS-link
慢性的に車両が不足していることに加えて、雨漏りのため、雨天時には使用できない車両もあったことから助成を受けようと思いました。助成いただいた後は、車両不足も解消し、またこれまで中古車が多かったのですが、綺麗な新車が購入できたことで利用者の方も大変喜んでおります。
(福) 正心会 特別養護老人ホーム 美晴らしの里
介助バー導入後の変化についてですが、寝たきりになりがちな利用者様が介助バーに捕まって体を起こしたり、車いすへの移乗やポータブルトイレへの移乗、ベッドからの起き上がりなど介助バーに捕まることで安定感が得られ、介助者は少し支えるだけで、ご自分で出来るようになっております。大変有効に使わせて頂いております。
(特非)カフェ・バルコニーの家
これまで支援される側との認識が強かった障害者の方が、地域のお年寄りなどに食を提供することで、支援する側としての認識を持つ意味も含めてレストラン・コミュニティースペースを開設しました。助成をいただいてからは、地域の学校との交流もでき、コミュニティースペースとしての利用も増えておりますので、今回エアコン等を助成いただき、大変助かっております。
(特非)まつど自閉症センター
今まで、中古のスチールデスクと回転いす、仕切りを使用していましたが、腐食や不具合などで危険を伴う状況にありました。助成後は、新しいデスクやいす、パーテーションで、化粧品用容器や玩具の組み立て作業の効率・環境も良くなり、利用者の方も自分のキャビネットが付いていることを嬉しく感じているようです。
船橋市 「小・中学校避難器具購入」
市内5校の経年劣化した避難器具を買い換えました(小栗原小学校、若松小学校、習志野台中学校、古和釜中学校、坪井中学校)。
劣化した救助袋を新しい物に替え、火災発生時など災害時に児童・生徒の安全な避難経路を確保できました。
市川市「こども発達センター通園バス購入」
ことば、運動、行動、情緒などの発達に心配のあるお子さんに対して遊びや活動を通して発達を促す支援を行う障害児童所施設が、市川市こども発達センターです。
この施設を利用するお子様が通園するために市内を巡回するバスの経年劣化が著しく、1台買い替えさせて頂きました。

助成金要望関係書類のご提出、お問い合わせは下記にお願いいたします。

受付窓口

1船橋市所在の施設 船橋市健康福祉局福祉サービス部地域福祉課 047-436-2312
2市川市所在の施設 市川市福祉部福祉政策課 047-712-8547
3その他千葉県内所在の施設 中山馬主協会事務局 047-333-8031