京雅の沓冠
(和歌)


隠れたメッセージは「豪快に 差し切った」

<京雅さんの和歌【沓冠】の解説>今年最初のGII競走には、飛躍を願う猛者たちが集合。そんな中、明けて6歳になったトップハンデのヴェルトライゼンデが、短期免許で来日中のイーガン騎手に導かれ、直線で上手く馬場の中程に持ち出し、一騎溌剌、中京の坂を駆け上がり「豪快に 差し切った」という通り隠れたメッセージの通り、日経新春杯を制しました。


※ 【沓冠】の解説
和歌の折句の一種。意味のある10文字の語句を、各句の初め(冠)と終わり(沓)に1字ずつ詠み込んだもの。「沓」とは、体の一番下に着けるもので、「冠」とは、一番上に着けるものであることから、「沓冠」といわれる。 平安貴族の「言葉遊び」で、短歌の中に、本文とは違う言葉を忍び込ませて、和歌の表面とは違ったメッセージを密かに伝えているところが、面白いところ。

※歌人“京雅”さん
長く競馬サークルに住みついている覆面歌人。

×