きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2013.6.1

ようこそいらっしゃいませ。

今年の安田記念は、未知数にあふれたメンバーが集いました。

世界最強とも言えるスプリント王のロードカナロアが東京マイルでどのような走りを見せるのか未知数だし、3週前に同じ舞台でマイル女王に輝いたヴィルシーナが牡馬相手にどれだけ差のない競馬をするかも未知数だし、ダークシャドウにショウナンマイティ、ナカヤマナイトの中距離中心に走ってきた馬のマイルG1挑戦も未知数だし、ヘレンスピリットにグロリアスデイズの香港2騎も未知数。

無敗でNHKマイルCを制したカレンブラックヒルは、得意とする舞台で復活となるでしょうか?サダムパテックにグランプリボスと、昨年マイルCの1、2着馬の実績も侮れませんし、3歳馬エーシントップの前走は前が詰まってのもの。巻き返しとなるでしょうか?とても重厚感のあるレースが楽しめそうです。

さて今日は、阪神競馬場で鳴尾記念が行われます。古くは年2回行われていたレースで、年1回に変更後、開催時期が冬場から夏場へ、さらに夏場から冬場へと変更になったり、距離も1800mから2000mに変わったり戻ったりと、なかなか立ち位置が定まらないレースです。

金鯱賞が12月に移ったことで、入れ替わるように去年から宝塚記念への前哨戦となりましたが、金鯱賞が宝塚記念との結びつきが強かっただけに、どうもまだしっくりときていない感じがします。

有力馬が天皇賞(春)からの直行、あるいは今年のように中距離馬が安田記念経由で宝塚記念へ向かうとなると、宝塚記念への前哨戦として鳴尾記念が立ち位置を確立するまでにはしばらく時間がかかりそうです。