きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2015.2.17

陰に隠れた主役に光を

ようこそいらっしゃいませ。

今週は中央競馬今年最初のG1、フェブラリーステークスが行われます。
昨年はコパノリッキーが優勝。当時16番人気の陰に隠れた主役がベルシャザール、ホッコータルマエを下して一躍主役に躍り出たのが2014年のフェブラリーステークスでした。

そのコパノリッキーは前哨戦東海ステークスを圧勝して今年のフェブラリーステークスに挑んできます。
史上初の連覇がかかります。

そのフェブラリーステークスですが、コパノリッキー含めて21頭が登録しています。

もし出走が叶えばベルゲンクライに注目してみたいと思っています。
現在5歳で33戦して4勝。デビュー3戦目から芝を走り続けて28戦、結果を出せなかった馬が昨年暮れにダート路線に変更しもっか3連勝です。

ただもし出走できたとしても、条件戦を勝ち上がったばかりですから上位馬と争うのは難しいでしょう。
されどこうした苦労人に光を当てたくなるのも人情というもの。

もしその名がフェブラリーステークスの出走馬に刻まれれば、馬券を離れて応援してみようかと思っています。