きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2013.7.1

ようこそいらっしゃいませ。

日曜福島競馬場で行われた3歳馬によるラジオNIKKEI賞は最後方からレースを進めた8番人気のケイアイチョウサンが、馬場の最内を付き、波乱の立役者となりました。

ケイアイチョウサンは、母シャドウシルエットの初仔になりステイゴールド×シンボリクリスエスの配合になります。この配合からの重賞ウィナーは、ケイアイチョウサンが初めてとなりました。

デビューから初勝利まで5戦を要したケイアイチョウサンですが、昨日のレースでは上がり平均35秒台の中を34.3で駆け抜けたのですから、力をつけてきたことを感じさせる内容でした。他の馬が外を回る中、小回りの福島でインをついた横山騎手の判断も見事に活かされました。

ケイアイチョウサンの前走の稲村ヶ崎特別は、直線で前が開かずレースとならなかったもので、その前の3歳500万下では上がり33.4であっさりと抜け出し勝ったかと思えば、休み明けの山藤賞は1番人気でレースを迎えるものの縦長の展開で前をとらえきれずに4着、共同通信杯はまったく伸びずに8着と、これまでは展開に左右されたりムラ駆けしたりする馬でした。今回の勝利でひと皮剥けてくれるでしょうか。

中京競馬場で行われたCBC賞は、マジンプロスパーが連覇を果たしました。ハンデ戦で58キロを背負ってのレースでしたが、ロードカナロアが記録した従来のコースレコードを0秒1更新しての勝利ですから見事な内容です。秋にぜひスプリント戦線を盛り上げてください。