きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2013.9.6

ようこそいらっしゃいませ。

いよいよ明日から秋競馬が始まりますね。中山では京成杯オータムHが、阪神ではセントウルSがそれぞれ予定されています。阪神で行われるセントウルSに安田記念を含むG1・4勝をあげているロードカナロアが出走予定で注目を集めていますが、サマースプリントシリーズの最終戦でもあります。

現在、キーンランドCを見事優勝したフォーエバーマークが単独首位に立っていますが、2位につけているハクサンムーンが逆転Vを狙ってセントウルSに挑みます。GIIのセントウルSは、獲得ポイントがGIIIより高く設定されていますので、ハクサンムーンが2着以内に入ればサマースプリントチャンピオン奪還となります。

ハクサンムーンの父はドバイデューティFや宝塚記念、ジャパンCを制したアドマイヤムーンです。母父には1200m戦では無類の強さを誇ったサクラバクシンオーがいます。親譲りの豊なスピード能力を発揮した走りが見られるか、期待しましょう。

サマースプリント王者の行方も気になるところですが、やはり最も注目なのは現役の短距離最強馬としての地位を確立したロードカナロアでしょう。始動戦となる今回、夏の激戦を制してきた猛者たちとの戦いになりますが、王者の力を見せつけるようなパフォーマンスを見せてくれることでしょう。

秋競馬初戦から見逃せませんね。