きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2013.9.8

ようこそいらっしゃいませ。

中山競馬場で行われた秋華賞トライアルの紫苑ステークスはハナに立ったセキショウが直線に入ってからも脚色は止まらず、そのまま逃げ切って秋華賞への出走権を手にしました。

セキショウは父シンボリクリスエス×母父サンデーサイレンスの血統で、夏の函館で古馬牝馬に混じってのレースを挟んでのトライアル参戦で初のオープン勝ちとなりました。

セキショウは2歳時の新潟1800mの未勝利戦でも逃げて、前半1000mを1分01秒弱で通過し、最後の上りが33秒7で2着に5馬身、3着には4馬身差をつけ、桁違いの強さで勝ち上がった馬でした。

その後、ミモザ賞を勝つも、レースではなかなか先手を奪えず持ち味を活かすことができないレースが続きました。逃げて先手を奪いマイペースに持ち込んだ時は本当に強さを発揮します。まさに今回の紫苑ステークスの内容がそうでした。秋華賞でもぜひ先手を奪い、力を充分に魅せてください。

日曜は阪神と中山でそれぞれ重賞レースが行われます。阪神メインのセントウルステークスには、ロードカナロアが出走。秋初戦を迎えます。高松宮記念上位馬も出走し、スプリンターズステークス前哨戦ながらも豪華なメンバーが揃いました。

充実した秋へ向けて各馬のレースに注目です。