きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2013.9.10

ようこそいらっしゃいませ。

先週はスプリンターズステークスへ向けた前哨戦のセントウルステークスが阪神競馬場で行われ、夏の勢いをそのままにハクサンムーンが先手を奪いそのまま逃げ切りロードカナロアの連勝をストップさせました。

逃げて直線でも脚色は鈍らずに、迫り来るロードカナロアをクビ差振り切って勝利でした。春の高松宮記念で最後交わされたドリームバレンチノにはさらに3馬身差をつけ、この夏、レースを通じての成長ぶりを示した強い内容でした。

猛然と迫るも捉えきれずに終わったロードカナロアですが、今回は斤量58キロ。逃げる斤量56キロのハクサンムーンとは2キロ差で休み明けですから、本番スプリンターズステークスで王者の強さを魅せつけた巻き返しに期待したいです。

さて今週は、9月14、15、16日と3日間開催です。中山、阪神でともに秋クラシックへ向けた注目の一戦セントライト記念とローズステークスが行われます。

ローズステークスは、メイショウマンボ、エバーブロッサム、デニムアンドルビーとオークス1、2、3着馬揃い踏みで登録、桜花賞2着のレッドオーヴァルに、昨年暮れの阪神ジュベナイルフィリーズ優勝馬ローブディサージュにレコードタイムフォルダーのコレクターアイテム、ディープインパクトの半妹トーセンソレイユが加わり、本番さながらのメンバーとなりそうです。

秋華賞前に有力馬に勝ち負けがつくのは少し惜しい感じもしますが、春とは違った成長ぶりを魅せてください。