きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2013.9.13

ようこそいらっしゃいませ。

今週の中山ではクラシック三冠最終戦・菊花賞のトライアルレースのセントライト記念が行われます。菊花賞トライアルとなる本レースは中山競馬場芝2200mで行われ、クラシック上位組と夏の激戦を制してきた上がり馬たちとの戦いになります。

昨年優勝したフェノーメノは、今春の天皇賞(春)で悲願のG1初制覇を成し遂げ、2009年に優勝したナカヤマフェスタは、翌年の宝塚記念を制し、欧州最高峰のレース凱旋門賞でアタマ差の2着。今回のセントライト記念からも未来のスターホースが出てくる可能性も十分にあります。

日本ダービー3着のアポロソニックが脚部不安で出走回避したのは残念ですが、今年も個性豊かな素質馬が出走予定です。注目はディープインパクト産駒のヒラボクディープでしょか。 キズナに続いて同一年父子制覇を達成できるか見所ですね。それに母父ストームキャットの血統背景は、ダービー馬キズナと同じ配合になりますので、なおさら期待してしまいます。

一冠目の皐月賞は3連勝で迎えた2歳王者のロゴタイプが、その実力を見せつけ戴冠。二冠目の日本ダービーでは、ディープインパクト産駒のキズナが人気に応えて、見事 父子制覇の偉業を成し遂げました。最終戦となる菊花賞には一体どんなドラマが待っているのでしょうか。

その前哨戦となるセントライト記念!お見逃しなく!