きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2013.9.18

ようこそいらっしゃいませ。

日曜深夜のロンシャン中継は感動ものでしたね。劣勢を噂されたニエル賞のキズナが強敵をねじ伏せ、オルフェーヴルは前評判通りに余裕の楽勝でした。おめでとうございます。10月6日の本番が楽しみでなりません。

オルフェーヴル、キズナ以上に感動させれたのが、いわゆる帯同馬たちの思いもかけぬ奮闘でした。池江厩舎のブラーニーストーンはG3プティクヴェール賞で直線1000mで6着、勝ち馬から1秒内の健闘でした。日本の1600万下で惨敗続きだった馬とは思えません。シャンティイ調教場の環境がよほど気に入っていたのでしょう。

オルフェーヴルのペースメーカーとしてフォワ賞に挑んだステラウインドはスローに落とせたこともあるのでしょうが、2着争いに加わろうかという粘り腰で5着に食い込みました。父ゼンノロブロイは同じ武豊騎手でパワフルな馬場ヨークのG1インターナショナルSで僅差の2着に涙を飲んでいます。意外にヨーロッパ適性を秘めた血筋なのかもしれません。代表産駒ペルーサあたりが遠征したらどうなるか?そんな新しい夢を描かせてくれたステラウインドの走りでした。

余談になりますが、フォワ賞で3着に鋭く伸びたフランス産牝馬ピリカは社台グループの総帥・吉田照哉さんの所有馬。ゴール前はノーザン・社台系、ノースヒルズ系の勝負服が勝ち負けの勢いでやたら目立っていましたね。日の丸軍団の快進撃が続くことを祈りましょう。