きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2013.9.22

ようこそいらっしゃいませ。

菊花賞トライアル神戸新聞杯にエピファネイアが登場し、注目を集めています。

エピファネイアは父シンボリクリスエスに母シーザリオの良血馬でデビューから話題を集めましたが、春は皐月賞、ダービーとともに半馬身差の2着に終わっています。残り一冠へ向けての始動戦がこの神戸新聞杯です。

2000年に菊花賞の開催が早まって以降、菊花賞馬の13頭中、10頭がこの神戸新聞杯を経由しています。今年は夏に古馬に混じって走ってきた牡馬が多くを占めるメンバー構成になりました。

ラストインパクトは前走小倉で古馬相手に完勝。サトノノブレスは出遅れながらも信濃川特別で2着に入りセントライト記念2着のダービーフィズに0秒5先着。ヒルノドンカルロは父は菊花賞馬マンハッタンカフェに母父は2006年菊花賞馬ソングオブウインドを送り出したエルコンドルパサーと長距離がピッタリそうな血統です。トーセンハルカゼはキングカメハメハ×サンデーサイレンスと菊花賞2着のローズキングダムと同じ配合です。

現在エピファネイアが単勝1倍台の支持を集めていますが、夏の上がり馬にも菊花賞を走り抜ける下地は充分です。

エピファネイア中心で牡馬クラシックは動くのか、新星が登場するのか、前哨戦に注目したいと思います。