きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2013.10.8

ようこそいらっしゃいませ。

凱旋門賞から2日が経過しました。しかし時が経過しても今年の凱旋門賞は結果は、どこかで重くのしかかりつづける、そんな想いがします。オルフェーヴルならといった期待と自信もありました。いつの日か日本馬がその重い扉を開いてくれるでしょう。

オルフェーヴルの次走は有馬記念になるようです。このレースを最後に引退と伝えられています。暮れの中山開催が楽しみになってきました。

凱旋門賞へ向けての日本馬の挑戦は再スタートです。4着のキズナは来年以降も挑戦の意欲があるようです。京都大賞典で思わぬ敗退となったゴールドシップですが、G1での巻き返しをはかり来年は凱旋門賞へ向かうプランもあるようです。

今週から国内の競馬は、秋華賞、菊花賞、天皇賞(秋)と3週連続でG1がつづきます。今週は秋華賞です。今年の牝馬クラシック戦線は主役がめまぐるしく入れ替わり、混戦模様です。昨年暮れの阪神ジュベナイルフィリーズを優勝したローブティサージュはその後不振がつづき、春のクラシック桜花賞を制したのは阪神JF7着、チューリップ賞3着から巻き返したアユサンでした。そのアユサンもオークスでは距離の前に4着に終わり代わって女王になったのはメイショウマンボでした。しかしメイショウマンボはローズステークスでデニムアンドルビーの4着となってしまいます。主役はどの馬でしょうか? 最後の一冠で混戦を払拭する女王の誕生に期待したいと思います。