きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2013.10.13

ようこそいらっしゃいませ。

今日は京都競馬場で秋華賞が行われます。デニムアンドルビー、スマートレイアー、メイショウマンボが上位3頭で支持を集めています。

人気のデニムアンドルビーは、オークスで1番人気に支持されるも後方からの競馬でメイショウマンボを捉えきれず3着に終わります。近親にトゥザヴィクトリーやサイレントディールがいる血統で、春の雪辱を果たせるでしょうか。

スマートレイアーは4月にデビューし、春のクラシックは未出走でしたが早くから才能を魅せていた馬です。夏場に古馬相手に力をつけての出走で、前走の夕月特別ではレコードに0.3秒迫るタイムで走破し、早い馬場にも対応できる能力を示しました。

オークス馬メイショウマンボも馬体も増加し、春と同様の走りで二冠目を制覇できる状態にありそうです。

前哨戦のローズステークスは、雨で馬場状態が悪化した中でのレースでしたから、敗れた馬でも本番での巻き返しは充分にありそうです。エバーブロッサムは前走14着でしたが、フラワーカップ、フローラステークス、オークスといずれも2着で大崩れしていません。11着だったトーセンソレイユも京都では2戦2勝。非常に相性がよいコースです。

最後の一冠をめぐる舞台は非常に混戦状態で、どの馬にもチャンスがありゴール前の攻防は激戦となりそうです。