きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2013.10.27

ようこそいらっしゃいませ。

心配された天気ですが台風もそれ、晴天となりました。本日は東京競馬場で天皇賞(秋)が行われます。ジェンティルドンナが1番人気、ついでトウケイヘイロー、エイシンフラッシュと続いています。

女傑エアグルーヴが前年の覇者バブルガムフェローとの叩き合いを制して制覇したのが1997年。当時は17年ぶりの牝馬による天皇賞制覇と大きな見出しにもなりましたが、2000年に入って以降2004年にダンスインザムード、アドマイヤグルーヴが2、3着に入ると、その翌年にはヘヴンリーロマンスが優勝。2008年はウオッカ、ダイワスカーレットがハナ差のワントゥーフィニッシュを決め、2010年はブエナビスタが人気に応えてこのレースを制しています。

今年は牡馬にまじり、ただ1頭ジェンティルドンナが出走です。天皇賞(秋)の歴史にその名をぜひ刻んでください。

歴史といえば、天皇賞(春)と(秋)の連覇はタマモクロス、スーパークリーク、スペシャルウィーク、テイエムオペラオー、メイショウサムソンが達成していますが、天皇賞(秋)の連覇となると2002年、2003年と制したシンボリクリスエスただ1頭しかいません。今年はこの偉業にエイシンフラッシュが挑みます。

逃げて3連勝でレースを迎えるトウケイヘイローに3歳馬コディーノ、宝塚記念では三強の一角に割って入ったダノンバラード、一昨年の優勝馬トーセンジョーダンなど楽しみなメンバーが揃いました。その名を歴史に残すレースをぜひ魅せてください。