きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2012.4.28

ようこそいらっしゃいませ。

競馬の春が満開、そんな気持ちにさせてくれる今週末です。日本では古馬の頂点を極める天皇賞・春、香港ではクイーンエリザベス2世S、ヨーロッパではシーズン最初のG1ガネー賞が行われます。

そのガネー賞、昨季のヨーロッパ古馬チャンピオンに輝いたシリュスデゼーグルが登場します。今シーズンは早々と始動しシャンティのAWを叩いて距離不安のあったドバイシーマクラシックを勝ちました。相手に恵まれた感もあるここは必勝の意気込みでしょう。

香港には日本からルーラーシップが参戦します。ヨーロッパ勢は愛ダービー馬トレジャービーチ、G3イクスビュリ賞を連覇して勢いに乗るシンション、迎え撃つ地元勢は昨年の覇者アンビシャスドラゴンこそ来週のチャンピオンズマイルに回って不在ですが、昨年の2着馬で暮れの香港C馬カルフォルニアメモリー、日本で走ったシンコウキング産駒のサムザップ、ホームの利を生かして差のない競馬をするんでしょうね。

ルーラーシップはこれまでG1を勝てないのが不思議です。ここまでG2を3勝、いずれも圧勝でした。父キングカメハメハ、母エアグルーヴと文句のない血統で、底力に欠けるとは言い難いプロフィールを持っています。シャティンの地で満開の花を咲かせてもらいたいものです。