きょうの蹄音競馬にまつわるちょっといい話

2012.5.27

ようこそいらっしゃいませ。

気持ち良く晴れ上がって薫る風が心地よいダービー日和になりました。生涯一度の夢舞台には今日のようなお天気が似合います。折からの高速馬場で先週のオークス2分23秒6を物差しにすれば、2分22秒台の超高速決着になる?

昨日もお伝えしたようにディープインパクト7頭をはじめ、母父まで含めると18頭中17頭がサンデーサイレンス系。もとより高速舞台は得意中の得意とする血統です。ハイレベルなスピード争いが繰り広げられるのでしょう。

皐月賞馬ゴールドシップは内田博幸騎手との絶妙のコンビで共同通信杯が100点なら皐月賞は120点のレースぶりでした。皐月賞で相当な距離損を負ってしまったワールドエースはたぶん80点とか85点くらいのレース内容でしょうか。

いつも100点満点のレースができるとは限らないのが勝負事の通例でしょう。ワールドエース以外にも上積みの見込めそうな馬がいます。ペース次第ではマイラーにも出番があるのがこの時期の同世代同士のクラシックレースです。正直、18頭全部にチャンスがあると思っています。願わくばアクシデントのないフェアなレースで全馬が全能力を出し切ってほしいものです。